体外受精
体外受精の凍結胚移植について

凍結胚移植とは採卵・採精した卵子と精子を受精させ、その受精卵を一旦凍結して、次の周期かそれ以降の周期に融解させて子宮に戻すことを言う。

また、現制度において凍結胚移植の場合も、移植時に助成金申請の対象となる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

体外受精
体外受精で欠かせない自己注射

体外受精では、排卵のコントロールやホルモン補充などを目的として、毎日注射することが必須となる。そのため、病院に行く時間がとれない場合は自己注射ということになる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

男性不妊
男性が行う積極的な妊活とは

男性の不妊検査と不妊治療

男性の不妊検査は、泌尿器科で行われる。不妊専門の婦人科でも精液検査を受けることは可能なのだが、検査精度など、それほど高くない。 続きを読む…

卵子対策
正確な妊娠力の診断は病院で検査

「自分の体は妊娠しやすい体質なのか?」子供が欲しい方にとって最も気になる問題である。婦人科へ行くことを躊躇ってしまう方もいると思うが、赤ちゃんを迎えるために自分自身の「妊娠力」を知ることは必要なことなのだ。 続きを読む…

体外受精
体外受精の採卵に伴う痛みの程度

体外受精と採卵

一般的な不妊治療よりも高度な技術を使った不妊治療のことを「高度不妊治療(ART)」と言う。

その中の一つである体外受精では、妊娠率を上げるため排卵誘発剤で一度に複数の卵子を成熟させ、排卵前に採卵し、精子と受精させた受精卵を再度、子宮へ戻す方法だ。
続きを読む…

卵子対策
採卵時の空胞を改善する為には

卵胞とは

「卵胞=卵子」という認識は間違っている。「卵胞」とは、「卵子」を包み込んでいる袋のようなものだ。 卵胞という袋の中には「卵胞液」というものが入っており、卵子はその中で守られている。 続きを読む…

不妊治療全般
子宮内膜炎を克服して妊娠するには

子宮内膜炎とは、子宮内にある子宮内膜が細菌感染によって炎症してしまっている状態を言う。一般的な成熟女性は、頸管粘液で細菌を排除し、生理(月経)によって内膜が剥離・再生を繰り返すため発症しにくいと言われている。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

PAGE TOP