2017年3月24日(金)  特集

ミトコンドリアを増やし活性化させるイースタティックミネラル ー 卵子、精子の若返り


卵子や精子の生殖細胞内ミトコンドリアにエネルギーを供給。
ミトコンドリアの活発な分裂・増加を促すことで卵子・精子の若返りや機能回復を目指すイースタティックミネラル。

細胞内のミトコンドリアにエネルギーを与える

▲ 細胞内のミトコンドリアにエネルギーを与える

質の低下した卵子と精子のミトコンドリアにエネルギーを与え、活発な分裂・増加を促すことで活動を甦らせます。

細胞内のミトコンドリア量の増加を確認

イースタティックミネラル配合サプリメント(イースタティックミネラル、オリーブ葉抽出物、ジオスゲニン、アグリコン型イソフラボンの4成分が配合)を用い、マウスの経口摂取による細胞内のミトコンドリア増加量を比較しました。

細胞内のミトコンドリア増加量

▲ 細胞内のミトコンドリア増加量

サプリメントを摂取したマウス(右側)には、摂取していないマウス(左側)と比べ、赤く着色したミトコンドリアが多く、増加を確認することができました。この試験により細胞内のミトコンドリアの増加を促すことが明らかとなりました。

イースタティックミネラルの酸化抑止臨床試験

イースタティックミネラルのヒト生殖細胞DNAの酸化損傷/酸化ストレス蓄積の解放を応用し、ヒトを構成する各種細胞での細胞内(ミトコンドリア)酸化還元/環境改善効果について試験しました。

試験ではイースタティックミネラルを一日一回、30日間の経口服用を実施。
その服用開始前・後における尿中8-OHdG※1、ならびに血中ヘルパーT細胞サブセット(Th2分画)※2を測定し、結果判定に供しました。

なお、試験経過30日間の服用期間中に、被験成分(イースタティックミネラル)が原因と思われる副反応等は一切認めなかった。

イースタティックミネラルを用いた酸化状況抑止、抗不妊サプリメントの臨床応用試験

▲ イースタティックミネラルを用いた酸化状況抑止、抗不妊サプリメントの臨床応用試験

その結果、「8-OHdG」と「Th2」ともに有意な低下を確認することができました。このことにより、イースタティックミネラルは細胞内部の酸化環境を改善することが明らかとなりました。

精子の活動率が改善

同時に男性被験者に関しては、精子の活動に関しても比較調査をしました。

[動画が見れない方はこちら]

ヒト男性の精子は、その内部に備わったミトコンドリアの産生するエネルギーを原動力としており、酸化の影響によってその運動性は大きく低下してしまいます。
ミトコンドリア細胞の活性と酸化抑制により、服用前に比べ精子量の増加と活発な動きが確認されました。

卵子・精子には多くのミトコンドリアが必要、その理由とは?

エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要がある

心臓同様、卵子・精子にも多くのミトコンドリアが必要

▲ 心臓同様、卵子・精子にも多くのミトコンドリアが必要

心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要。

ミトコンドリアの質=卵子・精子の質

「採卵してもグレードが低い」「受精しない」「着床しても流産してしまう」「精子の運動率が悪い」といった状況を改善するには、卵子・精子の質を改善する必要があります。

卵子の質が悪い例

卵子の質が悪い例

▲ 卵子の質が悪い例

卵子の質が悪い例としてこんなことがあります。
体外受精の場合、女性は卵子をhMG注射などによって無理矢理成熟させ、採卵を行います。そして採卵によって得られたグレード(質)の良い卵子を選別し、精子と受精させます。

本来であれば受精後、胚分割を繰り返しある程度に育ったところで子宮に戻し着床させます。しかし、体外受精の失敗の多くは「胚分割が止まってしまう」「着床しても胎児の発育が止まってしまう」事にあります。

これが質の悪い卵子の大きな特徴です。

精子の質が悪い例

精子の質が悪い例 奇形精子

▲ 精子の質が悪い例 奇形精子

運動率が悪く受精まで到達できない。
奇形精子の割合が高い。

卵子や精子のエネルギー源のミトコンドリアが弱っている事が原因

卵子も精子もそうですが、これらは単一細胞として生きています。

ミトコンドリア

▲ ミトコンドリア

私たちの体はいくつもの細胞からなり、肺や腸からエネルギーを取り込み活動に役立てています。しかし、卵子や精子の様な単一細胞は、その細胞の中だけでエネルギーを自給自足しなければなりません。

 卵子、精子のミトコンドリア

▲ 卵子、精子のミトコンドリア

卵子や精子も同じでミトコンドリアという小器官がエネルギーを作り出し、卵子は胚分割して着床し胎盤から栄養をもらえるまでの間、自給自足をするのです。

精子は卵子までたどり着き卵子の外幕を破り受精するまで泳ぐ力をミトコンドリアから得ています。

ミトコンドリアが弱る、減る原因

卵子の老化、精子の老化は、ここ数年の間に多くの人々に認知されるようになりました。

NEWTON 卵子の老化

▲ NEWTON 卵子の老化

30代女性の場合は不妊症の初期検査である「AMH検査」の数値が3.5ng/mlを下回ると、上質な卵子を採卵することが難しくなると言われています。

一方男性の場合、老化した精子は単一細胞である精子のエネルギー源であるミトコンドリアの機能が悪く、卵子に到達できる力が弱っていることが多い。

AMH=卵巣年齢と基準値グラフ

▲ AMH=卵巣年齢と基準値グラフ

簡単にいうと老化した卵子や精子は燃料が不足した車のような状態をイメージすると良いでしょう。

何故、それでは何故ミトコンドリアが減ったり弱ったりするのでしょうか。
その原因は「老化」にあります。

生殖医学会総会「卵子老化」

▲ 生殖医学会総会「卵子老化」

人の細胞自体は周期的に生まれ変わりますが、生まれ変わっても老化した細胞が分裂を行なうため、老化した細胞が生まれ変わるのです。

「老化」とはクギが酸素に触れて錆びるように「酸化」した状態をいいます。

錆びた釘と錆びた卵子精子

▲ 錆びた釘と錆びた卵子精子

ミトコンドリアを増やし活性化することで卵子と精子は若返る

イースタティック_ミネラル

▲ イースタティックミネラル

イースタティックミネラルは卵子や精子内のミトコンドリアに対しエネルギーを供給し、活発な分裂・増加を促します。

またミトコンドリアを増やす方法として「有酸素運動」や「少食生活」もすすめられています。

イースタティックミネラルの強力な酸化還元力(抗老化力)

イースタティックミネラルの最大の特徴は強力な「酸化還元力」にあります。

これまでの若返り成分は、ビタミンCやコエンザイムといったいわゆる「抗酸化成分」がほとんどでした。しかし「抗酸化」はすでに酸化老化した細胞を、あくまで「これ以上老化させない」ということを意味しています。

さらに吸収されなかった余剰な抗酸化成分は、一転して「酸化物質」となってしまい逆効果を与えることが問題として取りざたされています。

抗酸化

▲ 抗酸化

イースタティックミネラルは、ミトコンドリアより排出された活性酸素をその強力な酸化還元力により還元します。

同時にミトコンドリアにエネルギーを与えることで、ミトコンドリアのエネルギー効率を高め、余分な活性酸素の排出を抑制します。

また、イースタティックミネラル自体に酸化を還元する能力があるため、他の抗酸化成分のように「酸化物質」に変質することがありません。

元気なミトコンドリア

▲ 元気なミトコンドリア

卵子、精子の老化対策がカギを握る

▲イースタティックミネラル

▲イースタティックミネラル

ミトコンドリアの活発な分裂・増加を促すことで卵子・精子の若返りや機能回復を目指すイースタティックミネラル。

晩婚化による高齢出産が増えた現代において、生殖細胞ミトコンドリアに対し「抗老化」から「老化還元」という次のステップに進んだ重要な成分であると私たちは考えています。

シンゲンメディカル札幌研究所
〒001-0021
北海道札幌市北区北21条西11丁目北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

文字サイズ:

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

PAGE TOP