2019年4月21日(日)  不妊治療全般

鍼灸や漢方で不妊治療成功率を上げる卵子力とは?

不妊体質の改善に効果があるとされている鍼灸や漢方、具体的には血行促進・基礎体温の安定・生理不順の改善・冷え性の緩和・貧血の改善などの効果が期待できる。

これら血行不良や生理不順などは卵子の質を悪くする原因にもなっているため、治療を続けていくうちに自然と卵子の状態も改善される。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

何よりも焦らず行うことが大切

鍼灸も漢方も、個人差はあるものの、時間をかけて少しずつ体質を変えていくものだ。そのため、通う時間とある程度の費用は覚悟しておかねばならない。

費用に関しては、漢方の一部のみ健康保険が適用され、鍼灸については不妊治療が目的の場合は、全額自費負担である。

治療の効果が出てくると、タイミング法や人工授精、体外受精、顕微授精の成功率がアップする。質の良い成熟卵が育つので排卵もスムーズで、精子側に問題がなければ、受精卵 → 胚 → 胚盤胞と順調に成長し、移植を見送る必要もない。

また、ホルモンバランスが整うことで月経痛も緩和し、血流が良くなって冷え性が治るので体調が良くなる。すると毎日を気分よく過ごせるのでストレスもたまらず、生殖細胞の大敵である活性酸素を抑制することにもつながるのだ。

そして、ミトコンドリアの数を増やすことも大切だ。これはもともと人間の体内に存在する物質で、ATPと呼ばれるエネルギーを出して細胞の活性化を促してくれる。

不足すると卵子の成長に必要なエネルギー量が足りず老化してしまうので、規則正しい生活を送って数を増やそう。筋肉の中に多く存在するので、筋力トレーニングをするのもおすすめだ。

不妊治療の効果をより高めるために、日頃の生活を整え、ミトコンドリアを増やす体づくりも意識していきましょう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス