2018年10月18日(木)  高齢出産

症例の結果を詳しく見る

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。

30代から妊活を始める為の基礎知識とは?

仕事を頑張っていたり、結婚する年齢が遅かったりして、初めての妊娠に臨むのが30代以降になるという人は少なくない。しかし、生殖機能は年齢とともに衰えるので、いざ子供を・・・と思ってもなかなか妊娠しないことも多い。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

自分でできる「妊活」

避妊をしているわけでもないのに2年以上妊娠しない時は、病院に行って相談するとともに、自分でできる「妊活」を始めよう。

規則正しい生活を送る

夜更かしや運動不足、添加物の多い食事といった乱れた生活を続けていると、活性酸素が大量発生して細胞がサビついてしまったり、ホルモンバランスの乱れから不妊になりやすくなる。男性では、精子の数や運動量に影響することもあるようだ。

また、血流が悪くなって体が冷えると卵巣や子宮の機能低下にもつながるので、できるだけ規則正しい生活を送るようにしよう。

ストレスをためないようにする

適度なストレスは脳の活性化に役立つが、過剰なストレスは自律神経の乱れを招き、ホルモンバランスが乱れる。
一日の終わりに好きな音楽を聴いたり、好きなことを楽しんでストレスを発散しよう。

無理なダイエットはしない

食事を抜いたり、過度なダイエットを行うと、脳の下垂体から出されるホルモン分泌のための信号が弱くなり、生理不順を引き起こす。
栄養バランスとカロリーを計算した食事や、適度な運動で健康的にいることが望ましい。

忙しい現代人の狂ってしまった体の機能を戻すことで、赤ちゃんを迎える準備が整いやすくなる。
できる範囲を工夫して妊活を行ってみよう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。