2018年12月11日(火)  卵子対策

症例の結果を詳しく見る

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。

卵子を若返らせ質を高める方法とは?

かわいい子宝に恵まれるためには、なんといっても質の良い卵子を作ることが重要だ。
しかし、卵子は年齢を重ねるとともに老化し、高齢出産と呼ばれる35歳以降になると体外受精や顕微授精をしてもなかなか成功しないほど、その質が低下してしまう。
なるべく早く妊娠・出産を考えることはもちろんだが、卵子力を向上させるための努力も続けていこう。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

卵子の質を上げるために気をつけたいこと

体を冷やさない

女性に多い冷え性は、卵巣の機能低下を招くので、冷たいものの取りすぎを避け、できるだけ体を温める服装を心がけよう。一日の終わりに、ぬるめのお湯にじっくりと浸かるのもおすすめだ。

ストレスを溜めない

活性酸素を発生させて生殖細胞をサビつかせるストレスの存在も見逃せない。現代社会に生きていれば誰だって多少のストレスは抱えるものだが、あまり溜めすぎると卵子の老化につながってしまう。

休日に思いっきり好きなことをするなど、自分なりの発散方法を見つけよう。

ミトコンドリアの活性化

卵子力に大きく関係しているのは、卵子の成長を促すミトコンドリアの存在である。
もともと人間の体内に備わっており、若いうちは数も十分なのだが、やはり年齢とともに数や質が低下して必要なエネルギーを生み出すことができなくなるのだ。
規則正しい生活によってミトコンドリアが作られるため、何年も不規則な生活が続いていれば卵巣にダメージを与える可能性は大いにある。
早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動を心がけ、ミトコンドリアの数を増やそう。筋力トレーニングを日課にすると効果的だ。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

卵子の質を高める食材や漢方

卵子の質は、日々の食生活からも改善することができる。
先述した注意点とともに、今現在の食生活を見直してみよう。
卵子の質を高める食材とは、具体的には以下のようなものがあげられる。

卵・豚肉・魚・しらす干し・いわしなど

これらの食材には、たんぱく質が豊富に含まれている。
たんぱく質は皮膚や血管、筋肉などを構成するためには欠かせない成分だ。
質のいい卵子を作るためにも重要なものである。

アサリ・レバー・しじみ・油揚げ・納豆など

血中ヘモグロビンの構成成分となる鉄分は、毎月月経で血液を消費する女性には欠かせない成分だ。
鉄分を豊富に含んでいるのが、アサリ・レバー・しじみ・油揚げ・納豆などである。

卵黄・しいたけ・赤ピーマン・アボカド・ナッツ類・カボチャなど

これらの食材は、“若返りのビタミン”とも呼ばれるビタミンEが豊富に含まれている。
卵子はもちろん、肌や髪の若返りにも効果的だ。
妊活中の女性は、積極的に摂取するように心がけよう。

卵子を若返らせる漢方

残念ながら、直接的に“卵子を若返らせる”効果のある漢方は存在しない。
ただ、漢方が卵子の若返りにまったく関係ないかといえば、そうではない。
多くの漢方の中には、血行と代謝をよくしてくれるものが存在する。
血行と代謝を改善した結果、卵巣が元気になるという結果も出てるのだ。
直球で卵子が若返るわけではないが、卵子を作り出す卵巣の元気を保つことは、妊活中の女性にとって重要なことなのではないだろうか。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチへのバナーミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2018年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。