2019年4月20日(土)  サプリメント

不妊症対策や不妊治療に期待できるサプリメント成分は?

不妊症は80%以上が卵子と精子の質の低下が原因と言われており、様々なアプローチで不妊症対策のサプリメントが出ております。
例えば、コエンザイムQ10やL-カルニチン、ビタミンCなどの抗酸化作用を高めることで体内のミトコンドリアの老化を防ぐアプローチの不妊症対策サプリメントなどがあります。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

老化(酸化)とミトコンドリアの関係

「酸化」というワードは1度は聞いたことがあると思いますが、人間の体は普通の生活をしているだけでも活性酸素が発生します。
この活性酸素は体内を老化(酸化)させる物質で、体内の老化は、体内全てに影響しますので、もちろん卵子や精子も老化します。
また、ミトコンドリアとは、簡単に説明すると人間の全ての細胞のエネルギー工場です。人間が動いたり、普段の生活をするのに使用するエネルギーはミトコンドリアが作っています。
活性酸素で体が老化するとミトコンドリアも同じく老化し、その老化は卵子や精子に繋がります。

抗酸化作用を高める不妊症対策サプリメント

抗酸化目的の不妊症対策のサプリメントは、ミトコンドリアの老化を防ぐアプローチの不妊症対策のサプリメントとして販売されていますが、
一般的に市販されている抗酸化サプリメント成分は、水溶性の為ミトコンドリアの外膜や内膜に浸透できません。

不妊症対策、ミトコンドリアへの直接アプローチ

一般的な抗酸化サプリメント成分は、水溶性の為ミトコンドリアの外膜や内膜に浸透出来ませんが、ミトコンドリアの活性化に着目した成分があります。
イースタティックミネラルという成分でミトコンドリアへ直接アプローチ出来る唯一の成分として注目されています。この成分は抗酸化ではなく、酸化還元力を持つ成分です。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス