体外受精
体外受精を成功させるために

体外受精の妊娠率は、約20~40%と言われている。この確率は病院・クリニックによって異なり自然妊娠と同様、年齢などにも左右されるため注意が必要だ。 続きを読む…

体外受精
体外受精の対象者と費用

体内で受精が難しいと考えられる場合、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行うことをいう。 続きを読む…

体外受精
日本で体外受精を受ける場合の平均費用

不妊治療の中でも、特にお金がかかることで有名な体外受精であるが、日本で治療を受ける場合の平均費用は、約300,000~600,000円だ。

比較的安くおさまるケースも多いが、状況によっては1回の体外受精で1,000,000円以上かかるケースもある。しかも、一度で成功することが多いと言うわけでもないため、回数を重ねることになる。 続きを読む…

体外受精
体外受精での妊娠確率をアップさせる方法

日本では55人に1人は体外受精で妊娠しているといわれているほど一般的な治療法になるつつある。

体外受精では、問診、AMH検査を行ったうえで排卵誘発剤を連続期間使用したあと、採卵・採精、受精、培養、移植を行う。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

体外受精
胚移植から着床まで。注意する事とは?

胚盤胞移植の着床時期は個人差もあるが、胚盤胞移植をしてから着床までは大体2〜5日ほどかかると言われている。

その後、さらに2週間ほどの期間をおいて妊娠しているかどうかの検査(胎児の胎盤から分泌される物質であるHCG値を測定)を行い、陽性反応が出れば無事胚移植成功となる。 続きを読む…

体外受精
体外受精の凍結胚移植について

凍結胚移植とは採卵・採精した卵子と精子を受精させ、その受精卵を一旦凍結して、次の周期かそれ以降の周期に融解させて子宮に戻すことを言う。

また、現制度において凍結胚移植の場合も、移植時に助成金申請の対象となる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

体外受精
体外受精で欠かせない自己注射

体外受精では、排卵のコントロールやホルモン補充などを目的として、毎日注射することが必須となる。そのため、病院に行く時間がとれない場合は自己注射ということになる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

PAGE TOP