体外受精
体外受精の成功率を高める卵子力とは

体外受精を成功させるには、卵子にそれだけの力が残っていることが重要だ。
しかし、卵子は加齢やストレス、冷えなどによって自覚症状が何もないまま衰えていくので、子供を作ろうと決めてから初めて卵子の老化に気付くケースも多い。 続きを読む…

体外受精
体外受精は何歳までできるのか?

2008年、インドで暮らす70歳の女性が体外受精を受けて女の子を出産し、大きな話題となった。
このラジョ・デビ・ローハンさんという女性の夫には第二夫人(ラジョさんの実妹)もいたが2人とも妊娠することができず、やむなく30万円ほどのお金を借りてラジョさんが体外受精に臨んだ。
続きを読む…

体外受精
体外受精した芸能人まとめ

自身のブログなどを通じて、不妊治療の体験を語る芸能人が増えている。
その一般人と同じように悩み、苦しむ姿を見て「私も頑張ろう」と勇気づけられる人は多く、関連書籍も好調な売れ行きを見せているようだ。
続きを読む…

体外受精
体外受精ロング法とショート法の違い

ロング法とショート法は、体外受精には欠かせない排卵誘発の方法をその使用期間によって区別したものである。それぞれの特徴を詳しく説明するので、治療を受ける際の参考にしてほしい。 続きを読む…

体外受精
タイの体外受精の流れ

不妊治療の先進国として、今タイが注目を集めている。

現在のところ、日本の法律に生殖技術や不妊治療を制限するようなものは見当たらないが、倫理的な問題により、着床前診断による男女の産み分けや卵子提供を受けることをタブー視する風潮は強い。

続きを読む…

体外受精
グレードが低い卵子の体外受精と対策

体外受精が成功するかどうかは、いかに質の良い受精卵(胚)を作れるかどうかにかかっている。しかし、排卵誘発をしてもグレードの低い卵子しか採れなかった場合は、精子が寄っていかないのでそもそも受精させることは難しい。
続きを読む…

体外受精
人工授精か体外受精の選択について

人工授精か体外受精の選択

タイミング法を試しても妊娠できなかったカップルにとって、次にどの方法を選択するかは頭の痛い問題である。 続きを読む…

PAGE TOP