高齢出産
本当の高齢出産は何歳から?

以前までは30歳以上が高齢出産だったが、現在では35歳以上が高齢出産とされている。

女性の社会進出や晩婚化が進むにつれ、35歳以上で妊娠・出産する人も増え、高齢出産はごく身近なものとなっている。 続きを読む…

体外受精
体外受精の対象者と費用

体内で受精が難しいと考えられる場合、排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行うことをいう。 続きを読む…

不妊治療全般
AIH人工授精を成功させるために

人工授精(AIH)とは、夫に採取してもらった精子を直接子宮内に注入する、自然妊娠に近い形での妊娠をめざす治療法です。

あくまで自然妊娠に近い方法なので、成功するかどうかは主に「卵子と精子の質」にかかっています。
▶︎人工授精で成功した30代40代のミトコンドリ活性法

人工授精(AIH)のAIHという呼び方はArtificial Insemination of Husbandの略で、配偶者間人工授精を意味します。 続きを読む…

不妊治療全般
グレードの良い卵子を採卵するために自分でできること

体外受精や顕微授精を成功させるには、なんといっても質の良い卵子が採れることが重要だ。
どんなに精子が元気でも、肝心の卵子が老化していれば、受精や着床を成功させるのは難しいので、治療と並行して自分でできる卵子強化対策をとっていこう。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

続きを読む…

不妊
卵子力、精子力の低下原因1位は○○の弱体化

特に持病があるわけでもなく、避妊もしていないのに、なぜか子供ができない。
単にタイミングが合っていないことも考えられるが、この状態が1年以上も続くのであれば不妊症の可能性が高い。

そして、不妊症の80%以上が卵子力と精子力の低下が原因という。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

体外受精
体外受精での妊娠確率をアップさせる方法

日本では55人に1人は体外受精で妊娠しているといわれているほど一般的な治療法になるつつある。

体外受精では、問診、AMH検査を行ったうえで排卵誘発剤を連続期間使用したあと、採卵・採精、受精、培養、移植を行う。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

卵子対策
2人目不妊、3人目不妊を克服する方法

一人目は授かったのに、二人目はなかなか妊娠できない。

二人目不妊を定義づけると「一人目の産後の母乳期間を終了してから、避妊をせずに夫婦生活を続けているにも関わらず2年以上妊娠に至れない状態」のことを指す。 続きを読む…

PAGE TOP