2019年5月24日(金)  卵子対策

2人目3人目が出来にくい理由とは?

1人目の時はスムーズに妊娠できたのに、2人目、3人目になるとなかなか妊娠できないというのは割とよくある話だ。
原因は一つではないが、年齢を重ねて生殖機能が低下することも大きな理由のひとつである。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

卵子の老化が原因?

妊娠を成立させるためには卵子と精子が出会って受精する必要があるが、一般的に35歳を過ぎると卵子が老化し、排卵しても受精しなかったり、受精してもそこで発育が止まって着床できなかったりする可能性が高まる。
そのため、20~30代前半の頃は問題なく妊娠できた人でも、卵子の質が低下しているために子供が授かりにくくなるのだ。

卵子の質を上げるには

2人目や3人目を望む場合は、できるだけ卵子の質を落とさない工夫をしよう。
早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動といった規則正しい生活を送るのが効果的であり、また筋肉量を増やすことは冷え性の改善にもつながるので、卵巣の機能を維持するのにも役立って一石二鳥だ。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス