卵子対策
AMHが低い人の卵子老化対策法まとめ

AMHはアンチミューラリアンホルモンの略で、卵巣の中にあとどれぐらい卵子が残っているかの目安になる。しかし、卵巣予備能が分かるだけで卵子の質については全く関係ないため、この値が低いからといって妊娠しにくいというわけではない。 続きを読む…

卵子対策
卵胞の大小でわかる不妊傾向とは

「卵胞」とは、卵巣の皮質に存在する卵子の入った袋のことである。直径20㎜ぐらいで排卵となるので、ちょうど良い大きさに育たないとスムーズな妊娠は難しい。 続きを読む…

卵子対策
原始卵胞が少ない人向け卵子老化対策

「原始卵胞」とは、女性が胎児の頃からすでに卵巣の中に持っている卵胞のことである。

胎児の頃にはおよそ700万個もの原始卵胞があるが、生まれる時にはすでに200万個程度にまで減少し、初潮を迎える頃にはなんと30万個ほどしか残っていないといわれている。 続きを読む…

卵子対策
2人目3人目が出来にくい理由

1人目の時はスムーズに妊娠できたのに、2人目、3人目になるとなかなか妊娠できないというのは割とよくある話だ。

原因は一つではないが、年齢を重ねて生殖機能が低下することも大きな理由のひとつである。 続きを読む…

卵子対策
自然妊娠で出産する為の卵子力アップ法

どの夫婦も「できれば不妊治療はせず子供を持ちたい」と考えるのは自然なことだろう。

しかし、生殖機能は加齢やストレスなどが原因で徐々に衰えるので、うまくいかないことも少なくない。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

続きを読む…

卵子対策
AMHが低い人向けの卵子対策法

AMHとは「アンチミューラリアンホルモン」の略であり、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンであるが、この値を測ることによって卵巣内にどれぐらいの数の卵子が残されているかがある程度予測できる。 続きを読む…

卵子対策
排卵日を正しく知って確実に妊娠する方法

排卵日を知る方法として、いくつか方法を挙げることができるが、ここでは「基礎体温を測る方法」を紹介する。

女性の体温は、体調不良などの特別な場合を除けば、一定の周期で0.3〜0.5度の間で周期的に変化する。この周期をもとに、今身体がどのような状態なのかを知ることができるのである。 続きを読む…

PAGE TOP