2018年7月18日(水)  卵子対策

症例の結果を詳しく見る

※個人の方から頂いた症例報告の内容であり、効能や影響を保証するものではありません。

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

採卵した卵子を凍結保存する費用は?

「卵子凍結」とは、女性の体内から取り出した卵子を、将来に備えて凍結保存しておくことである。
未婚女性でも利用でき、年齢が若く卵子の質が良いうちに保存しておこうと考える人は多いが、費用の点が問題である。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

採卵をするための準備

採卵をするための準備として、排卵誘発・血液検査・超音波検査などに30,000円前後、そして採卵にかかる費用が約60,000円~(採卵する卵の個数によって変動)、卵子を凍結する作業に30,000円ほどかかる。

そして、凍結した卵子を保存しておくのに毎年1個あたり1万円程度の費用が発生するのだ。もっとも、これはかなり良心的なクリニックの場合であり、高いところでは初期費用だけで700,000~1,000,000円ということも珍しくない。

場合によっては無駄になるケースもある

これだけの費用をかけて場合によっては全くの無駄になってしまうケースもある。
というのも、凍結した卵子の質は一定に保たれても、それを移植する女性の体が当時よりも年をとっていれば、必ずしも妊娠が成功するとは限らないからだ。パートナーが見つからず、独身を通す女性もいる。

また、技術の低いクリニックの場合、保存に失敗し、卵子を死なせてしまうこともある。

早い段階で凍結卵子を使う

現在では将来の妊娠の可能性に備えて卵子凍結をする女性が増えたが、もともとは悪性腫瘍のある患者さんがこれから始まる化学療法によって卵子に悪影響が出ないようにするために行われるものだった。

凍結によって不安材料が減るのは良いことだが「卵子を保存してあるから安心」と高齢になるまで妊娠を考えないのでは本末転倒である。
生殖機能は35歳を過ぎる頃から徐々に衰え始めるため、凍結卵子を検討の場合は早い段階で利用することをおすすめする。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • ストレス性不妊の原因とは?ストレス性不妊の原因とは? ストレスや疲れが溜まっている人にしか見えない「黒い点」が注目されています。下のシンプルな画像を見た際に、ブロックとブロックの間に「黒い点」がどの位、どのように見えるかによってスト […]
  • 卵巣年齢検査でわかることとは?卵巣年齢検査でわかることとは? 卵巣年齢と不妊 見た目が若い方、実年齢が若い方などは、「いつでも妊娠できる」という考えを持っている方が多い。しかし、妊娠できる年齢は、今も昔も変わっていない。 特に女性は […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報や症例報告等の正確性・公平性には細心の注意を払っており、一度精査した上で公開させて頂いておりますが、効能や影響には個人差があり、全ての方に効能や影響を保証するものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。