2019年4月21日(日)  卵子対策

自然妊娠で出産する為の卵子力アップ法とは?

どの夫婦も「できれば不妊治療はせず子供を持ちたい」と考えるのは自然なことだろう。
しかし、生殖機能は加齢やストレスなどが原因で徐々に衰えるので、うまくいかないことも少なくない。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

妊娠のカギはミトコンドリア

自然妊娠を成功させるには、卵子力を高めることが重要だ。それにはまず、ミトコンドリアの数を増やして細胞の活性化を促してみよう。
ミトコンドリアはもともと人間の体内に存在している物質であり、ATPと呼ばれるエネルギーを放出して卵子を元気にしてくれる。不足すると老化が進んでしまうので、意識して増やす努力が必要だ。

ミトコンドリアを増やすには

適度な運動・規則正しい生活・バランスの良い食事

早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動が効果的である。
必要とされればされるほど頑張ろうとするので、こまめに体を動かしてエネルギーを発散するのがコツだ。
また、筋肉の中に多く含まれるので、筋力トレーニングを取り入れてみよう。

体を温める

冷えは卵巣への血流障害を招き、卵子の成長に必要な酸素や栄養素の補給を妨げてしまう。
スカートを穿くなら足は靴下やストッキングで守り、できるだけ温かい飲み物を取るようにするなど、毎日の生活の中でできることから始めてみよう。
一日の終わりに、平熱よりも高めの温度に調整したお風呂でのんびりするのもおすすめだ。

ストレスをためない

過剰なストレスは大量の活性酸素を発生させ、細胞をサビつかせて卵子の老化を早めてしまう。
さらにホルモンバランスを狂わせて月経不順を引き起こすので、基礎体温が安定しなかったり、無月経になってしまったりで不妊の原因となる。
ストレスがたまったら、休日に思いっきり好きなことをするなどして、上手に発散していこう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス