男性不妊
精巣内精子採取術 (TESE)とは?

精巣内精子採取術 (TESE)

精液中に精子が確認できない(無精子症)場合に、精巣に精子が存在するかどうかを調べる検査である。Testicular sperm extraction (TESE) と呼ばれている。術中には、顕微鏡を用いながら行う(MD-TESE)ケースもある。 続きを読む…

不妊治療全般
不妊治療の助成金とは?

日本での不妊治療の平均的な費用は、約130万円以上するようだ。
治療期間は約2〜5年が多く、治療段階によっても費用は異なる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

不妊治療全般
排卵誘発剤hMG注射とは?

hMG(ヒト閉経ゴナドトロピン)とは、不妊治療などに用いられる排卵誘発法の一つだ。
成分は「ヒト閉経ゴナドトロピン」と呼ばれる、閉経後の女性の尿から作られる「性腺刺激ホルモン」の一種だ。卵巣を刺激して卵胞を成熟させる注射剤になる。

体外受精の時には、ほぼ必ずと言っていいほど用いられるようだ。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

男性不妊
精液検査(精子検査)の病院の選び方

病院の種類

男性不妊に関する専門診療科は泌尿器科である。 続きを読む…

男性不妊
男性不妊の検査・治療の流れと費用について

男性不妊とは

特に避妊しているわけでもないのに2年以上子供ができない場合は「男性不妊」の可能性がある。男性不妊の原因は、そのほとんどが精子に関する問題だといわれている。 続きを読む…

男性不妊
男性不妊治療を成功させるには?

男性不妊とは

特に避妊しているわけでもないのに2年以上子供ができない場合は「男性不妊」の可能性がある。
男性不妊の原因は、そのほとんどが精子に関する問題であるといわれている。 続きを読む…

不妊治療全般
保険が適用される不妊治療とは

初期の一般的な不妊治療には健康保険を使用することができる。
しかし一方で、高度生殖医療(人工授精や体外受精)の場合は、健康保険は使えなくなり自由診療になる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

PAGE TOP