2024年5月30日(木)  体外受精

ivfでの妊娠確率をアップさせる方法とは?

一般不妊治療では妊娠が困難の場合、ART(高度生殖医療)が必要となる場合がある。ARTの中には体外受精-胚移植(IVF-ET)や顕微授精などがある。

体外受精-胚移植(IVF)は卵巣から卵子を採取し、培養液内で精子と受精を行うのを待ち、受精した受精卵を子宮に戻す。
日本産婦人科学会によると、2012年に国内医療機関で行われ体外受精は約32万6千回であり、その結果3.7万人の子供が生まれたとしている。約27人に1人が体外受精によって生まれたことになる。

不妊治療成功者の症例
イースタティックミネラルES-27により卵子・精子のミトコンドリアの質を改善

増えている背景

増えている背景には晩婚化の影響が大きいとされている。体外受精により妊娠する確率は約20%程度とされ、残念ながら流産になるケースもある。費用の負担も大きく、回数を重ねるごとに妊娠率も低下していく。そのため、可能なかぎり妊娠確率を高めて行うことが望ましいと言える。

卵子と精子の質を高める

年齢を重ねる程に体力が低下するなどの現象があるように、卵子・精子も老化や卵子の数なども減少していく。
実年齢ではなく卵巣年齢が関係しているため、若くても卵子の数が減少していることもある。
妊娠を望むのであれば出来るだけ一つ一つの卵子、精子を元気にしてあげることが望ましいと考えられている。

インスタグラムで不妊治療成功例更新中