2019年4月20日(土)  不妊治療全般

受精して着床する確率は?

着床率の問題

タイミング法や人工授精、体外受精とステップアップしてもなかなか思うような結果が出ない。それは着床率にも原因があるのではないだろうか。

妊娠に至るまでには受精・分割・着床と様々なステップがある。
自然妊娠での着床確率は、20代で大体20〜30%と言われており、その後徐々に下がると言われている。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

卵子や精子の質も関係

さらに着床率には子宮内膜の厚さも関わっており、一般的に着床には8mm程度の厚さが望ましいと言われている。
また、妊娠には着床率や子宮内膜の厚さだけでなく、卵子や精子の質も大切になってくる。
思うような結果が出ないという人は、着床率や子宮内膜の他に、卵子や精子の質も見直すことを改善の一つとしてみてはどうだろうか。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス