不妊治療全般
排卵検査薬の種類

排卵検査薬は尿中から「LHサージ」の分泌量を検出し、一番分泌量が多い時期=排卵時期を予測するための検査薬だ。
排卵検査薬と基礎体温表を併用することで、より妊娠への確率を高めることが期待できる。

ただし、使い方や使用タイミングなどメーカーによって異なるため、尿中LH検出感度を確認して自分に合った商品を探す必要がある。 続きを読む…

不妊治療全般
卵胞が育たない、その原因は?

卵胞が育たない理由の一つとして、「排卵障害」がある。
「排卵障害」とは、排卵自体がなくなってしまう無排卵のほか、卵胞がうまく育たない、または育っても排卵しない状態を言う。
続きを読む…

不妊治療全般
hCG注射とは

hCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)は、「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(HCG=Human chorionic gonadotropin)」とも呼ばれ、妊娠時に子宮内に形成される「胎盤」から抽出された性腺刺激ホルモンの一種。受胎直後に絨毛から急速に分泌される糖タンパク質のホルモンだ。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

hCGはLH(黄体化ホルモン)と構造が似ているため、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促進する作用がある。そのため、黄体を刺激し、通常14日程度で消える黄体を長持ちさせ、月経が始まるのを妨げるため、流産率を下げることに繋がる。このhCGの働きを利用したものが「hCG注射」だ。
続きを読む…

不妊治療全般
不妊治療の助成金とは?

日本での不妊治療の平均的な費用は、約130万円以上するようだ。
治療期間は約2〜5年が多く、治療段階によっても費用は異なる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

不妊治療全般
卵胞チェックは排卵の目安になる

「卵胞=卵子」という認識は間違っている。「卵胞」とは、「卵子」を守りながら包み込んでいる袋のようなものだ。さらに、卵胞という袋の中には「卵胞液」というものが入っており、卵子はその中で守られている。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

女性は月経開始直後から、排卵のために複数の”卵子”が成熟をし始める。その中から、一番質の良い”卵子”が生き残り「排卵」されるのだ。

残った卵胞は、黄体となって生理開始8~9日目前後に消滅する。一方、生き残った一番質の良い「主席卵胞」は、大きく成長し、卵胞の直径が平均20~22㎜で排卵されると言われている。また、排卵後の卵胞はしぼんだようになり見えなくなる。 続きを読む…

不妊治療全般
無排卵月経の検査方法

無排卵月経とは、月経はちゃんと来ているのに排卵は起こっていない状態のことを指す排卵障害の一種だ。
月経が来ているだけに、まさか無排卵だとは思わず、治療が遅れがちなってしまう。

特に30代の女性に多くみられるため、今まで順調だった月経周期が急に乱れ始めたら、念のため婦人科を受診したほうが良いだろう。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

不妊治療全般
無排卵月経によく使われる漢方薬

無排卵月経とは、月経はちゃんと来ているのに排卵は起こっていない状態のことを指し、排卵障害の一種だ。無月経排卵や無排卵性月経とも言われる。これらは月経が来ているだけに、まさか無排卵だとは思わず、治療が遅れがちなってしまう。

特に30代の女性に多くみられるため、今まで順調だった月経周期が急に乱れ始めたら、念のため婦人科を受診したほうが良いだろう。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

PAGE TOP