2024年5月30日(木)  不妊治療全般

妊娠初期症状とは?妊娠初期症状について

妊娠初期症状は、受精卵が子宮内膜に着床したときに現れ始める。
その症状には個人差があり、早ければ生理予定日の1週間前から症状を感じられる方もいる。

これらの症状は、着床後に分泌されるホルモンの影響がある。しかしそれは、胎児をしっかりと育てるための準備として体が変化している証しとも言い換えられる。

不妊治療成功者の症例
イースタティックミネラルES-27により卵子・精子のミトコンドリアの質を改善

代表的な妊娠初期症状

よく言われる妊娠初期症状は下記があげられる。

体温が高くなる / 生理日でないのに出血がある(着床出血) / むくみやすい / 疲れやすい / 胸が張る・痛い / 気持ち悪い・吐き気 / 腹痛・下腹部痛 / 味覚・嗅覚などの変化     など

妊娠しやすい体質・妊娠を継続しやすい体質にするために

「妊娠しやすくする・妊娠を継続させる」ためには、健康的な食生活・生活習慣を心がけることが非常に大切だ。

母体の健康を保つことは、お腹にいる胎児の発育にもつながる。妊娠した場合には、普段以上に栄養素をバランスよく摂取できるように心がけよう。

また妊娠前であれば、早い段階から健康的な生活を意識しよう。それにより「卵子の質」は向上し、妊娠できるチャンスは大きくなるはずだ。ぜひ夫婦ともに、妊娠しやすい・妊娠を継続しやすい体づくりを協力して取り入れて欲しい。

インスタグラムで不妊治療成功例更新中