不妊 , 不妊治療全般
着床前診断の一種、PGS(着床前スクリーニング)とは?

タイミング法や人工授精、体外受精、ついには顕微授精まで試みたのに、子どもを授かることができない……。

何度体外受精を行っても失敗してしまう……。

そんな時、医師が患者に提案するのは“着床前診断”だ。

着床前診断には「PGD(着床前遺伝子診断)」と「PGS(着床前スクリーニング)」との2種類が存在する。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

着床前診断とは

着床前診断とは、文字通り受精卵が着床する前に行う検査だ。

体外受精において受精卵の染色体や遺伝子を検査し、それらに異常がないかを調べる技術である。

PGD(着床前遺伝子診断)とは

PGD(着床前遺伝子診断)は、着床する前の受精卵の染色体や遺伝子に異常がないかを調べる医療技術だ。

PGS(着床前スクリーニング)とは

一方、PGS(着床前スクリーニング)とは、着床しやすく流産しにくい、染色体異常の無い受精卵を選んで子宮に戻してあげる技術である。

現在行われている着床前診断は、このPGS(着床前スクリーニング)が大多数を占めている。

PGS(着床前スクリーニング)で何ができるのか

着床前診断としてPGS(着床前スクリーニング)の検査を受けると、体外受精の妊娠率を高めたり、流産を予防したり、男女の性別を事前に判定することもできるのだ。

現在、日本国内で行われている体外受精では、子宮に戻す受精卵を外見で選別している。

しかし、PGS(着床前スクリーニング)を行い中身(染色体)の異常を調べることで、もっと着床しやすく、流産しにくい受精卵を選ぶことができるのだ。

流産の原因の多くは染色体異常

流産の原因の多くは染色体異常であることがわかっている。

染色体に異常がある受精卵は極めて高い確率で流産・死産に繋がってしまう。

受精卵に染色体異常があると、せっかく着床して胎児が育っても、流産や死産という悲しい結末になってしまうのだ。

体外受精は1周期の治療代がタイミング法の約100倍である。

何度も失敗・流産・死産を繰り返しては精神的にはもちろん、経済的にも大打撃であることは言わずもがなである。

35歳以上の受精卵の6割以上が染色体異常と言われている昨今、妊活において高齢に分類される夫婦は、一度PSG(着床前スクリーニング)を検討してみてもいいかもしれない。

不妊治療全般
レーザー治療(LLLT)の効果を上げるために

不妊治療の一つとして、レーザー治療(LLLT)がある。
不妊症改善のために血流を刺激する治療で、人工授精や体外受精などの治療と一緒に併用されることも多い治療だ。 続きを読む…

不妊治療全般
AGEは不妊治療の失敗要因でもある?

AGEとは

AGEは、終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)と呼ばれ、「タンパク質と糖が加熱(糖化)されたことでできる物質」だ。この物質は体内でつくられたり、食事から体内に入ることで蓄積されていく。 続きを読む…

不妊治療全般
不妊治療費における民間保険

2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が発売されることになった。

不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関わっていることもあり、この保険の情報は朗報とも言えるだろう。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

続きを読む…

不妊治療全般
不妊治療を成功させる病院選び

妊娠を希望して「1年間」避妊していないにも関わらず妊娠しない場合、夫婦で不妊治療を検討することをお勧めする。
また、20代のご夫婦の場合は「2年」とも言われているが、個々の体の状態にもよるため、生理不順など気になる症状がある場合も、一度、夫婦で不妊検査を受けてみて欲しい。

そして不妊症だとわかった場合、不妊治療を成功させるためにはまず、自分にあった病院選びが大切になってくる。病院選びの方法には、口コミ・インターネットなど数多くある。選ぶ際に迷ってしまう方が大勢いるのはそのためだ。

ここではそのような方々のために、病院選びのポイントを簡単に紹介する。 続きを読む…

不妊治療全般
腹腔鏡検査で妊娠しやすくなる?

腹腔鏡検査(ラパロ)とは

腹腔鏡検査(ラパロ)は、全身麻酔を行った後、臍部(おへその下辺り)に5~10mmほどの穴を開け、そこから腹腔鏡という小さなカメラを挿入し、腹部内の子宮・卵管・卵巣などの状態を直接観察する検査にです。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

主に、機能性不妊(原因不明不妊)や卵管性不妊の場合に有効な検査で、この検査によって、子宮内膜症・卵管形態・子宮異常・癒着などの病変を詳細に確認できる上、病巣の大きさによっては腹腔下手術が可能な場合、そのまま切除・焼灼することが可能です。 続きを読む…

不妊治療全般
妊娠初期症状とは〜妊娠初期症状について知る〜

妊娠初期症状は、受精卵が子宮内膜に着床したときに現れ始める。
その症状には個人差があり、早ければ生理予定日の1週間前から症状を感じられる方もいる。

これらの症状は、着床後に分泌されるホルモンの影響がある。しかしそれは、胎児をしっかりと育てるための準備として体が変化している証しとも言い換えられる。 続きを読む…

PAGE TOP