不妊治療全般
排卵日を知ることが妊娠への第一歩

妊娠を目指すためには、排卵日を予測・計算して正確に知ることが大切だ。

男性の精子は寿命が長く、平均2〜3日、長くて1週間程度ある。
しかし一方の卵子は寿命が24時間しかなく、受精可能期間はさらに短く概ね8時間程度しかない。
そのため妊娠しやすい時期は、排卵日の「2日前」「前日」「当日」「翌日」となる。 続きを読む…

不妊
妊娠に欠かせない排卵日とは何?

排卵日とは、その名の通り卵巣から卵子が飛び出した日だ。

妊娠を目指すためにはまずその排卵日を正確に知る必要がある。その理由は排卵された卵子の寿命はおよそ24時間ととても短いからだ。
一方の精子の寿命には幅があり、平均2〜3日、長くて1週間程度といわれている。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

不妊治療全般
妊娠しているかもしれない?排卵検査薬ではなく妊娠検査薬を使おう

よく、排卵検査薬で妊娠判定が分かるという話を耳にするが、それは本当なのだろうか?
まずは、排卵検査薬と妊娠検査薬の違いを調べてみた。

▶︎”卵子へのプローチと質の改善”で注目されている成分とは?

妊娠検査薬と排卵検査薬の違い

続きを読む…

不妊治療全般
排卵検査薬の正しい使い方

排卵検査薬とは、尿の中から、「LHサージ」の分泌量を検出し、一番分泌量が多い時期=最も妊娠しやすい時期を予測するための検査薬だ。

排卵検査薬を利用して、排卵の正確な時期を把握することで、より妊娠への確率を高めることが期待できる。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠
続きを読む…

不妊治療全般
排卵検査薬の種類

排卵検査薬は尿中から「LHサージ」の分泌量を検出し、一番分泌量が多い時期=排卵時期を予測するための検査薬だ。
排卵検査薬と基礎体温表を併用することで、より妊娠への確率を高めることが期待できる。

ただし、使い方や使用タイミングなどメーカーによって異なるため、尿中LH検出感度を確認して自分に合った商品を探す必要がある。 続きを読む…

不妊治療全般
卵胞チェックは排卵の目安になる

「卵胞=卵子」という認識は間違っている。「卵胞」とは、「卵子」を守りながら包み込んでいる袋のようなものだ。さらに、卵胞という袋の中には「卵胞液」というものが入っており、卵子はその中で守られている。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

女性は月経開始直後から、排卵のために複数の”卵子”が成熟をし始める。その中から、一番質の良い”卵子”が生き残り「排卵」されるのだ。

残った卵胞は、黄体となって生理開始8~9日目前後に消滅する。一方、生き残った一番質の良い「主席卵胞」は、大きく成長し、卵胞の直径が平均20~22㎜で排卵されると言われている。また、排卵後の卵胞はしぼんだようになり見えなくなる。 続きを読む…

不妊
排卵障害は不妊症につながる?

排卵障害とは

排卵障害とは、自力で排卵を起こすのが難しい場合を排卵障害と位置づけている。排卵障害の原因として代表的なものとして、「卵巣機能の低下による排卵障害」がある。 続きを読む…

PAGE TOP