不妊治療全般
GnRHa療法ってどんな不妊治療なの?

GnRHa療法

「GnRHa」は(gonadotropin releasing hormone analog)の略で、GnRHa療法とはこれを少量または持続的に投与することによってゴナドトロピンの分泌を促す治療法だ。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

続きを読む…

男性不妊
不妊向けFSHの基準値はどれくらい?

「FSH」とは、脳の下垂体から分泌される物質のことで「卵胞刺激ホルモン」と呼ばれている。
その名の通り、女性では卵巣を刺激して卵胞を育て、男性では睾丸の発育と精子の生成を促す。しかし、通常は年齢とともに値が高くなる。 続きを読む…

不妊治療全般
高プロラクチン血症による不妊の改善方法

高プロラクチン血症とは、プロラクチンとは脳下垂体から放出される刺激ホルモンで、乳腺を刺激して乳汁を分泌させるように働く。 続きを読む…

体外受精
採卵で一つでも多く採卵数を増やす方法

採卵とは

体外受精(顕微授精を含む)を行なう際に卵巣内から卵子を取り出すこと。
超音波機器(プローブ)を使用し、卵胞(卵子の入った袋)へ採卵針(採卵専用の針)を刺して卵胞液ごと卵を吸引する。

続きを読む…

高齢出産
高齢出産はダウン症の確率がどのくらい高い?

日本では出産時に35歳以上となる場合、高齢出産となる。近年では高齢出産の割合が増加しており、およそ5人に1人が高齢出産と言われている。 続きを読む…

高齢出産
卵巣年齢AMHが1.0で妊娠する方法

女性は男性と違い、卵子を新たに作り出すことをしない。卵子は、母親のお腹の中にいる時に作られた「原始卵胞」を卵巣に保存して、ある年齢から排卵される。
卵巣に保存されているということは、35歳の卵子は35年経った卵子であり、他の未成熟な卵子は卵巣内でなくなっていく。 続きを読む…

高齢出産
高齢不妊の正しい妊活の戦い方

近年ライフスタイルの変化により晩婚化が進み、初産の年齢も高くなっている。
女性の年齢は妊娠・出産に大きな影響を与える要因だ。年齢が進むにつれて卵巣機能は低下し、妊娠しやすい質の高い卵子がきちんと排卵されにくくなる。 続きを読む…

PAGE TOP