2017年1月19日(木)  男性不妊

男性不妊サプリで摂るべき栄養素


男性不妊の原因のほとんどは精子の問題であるが、これには毎日の食事もおおいに影響している。
添加物や油分の多いコンビニ弁当やインスタント食品、ファーストフードばかり食べている男性の精子は、奇形精子が多くみられるという。

逆に、きちんとバランスのとれた食事をしている男性の精子は、数・運動量ともに問題ない場合が多い。そこで今回は、精子に良いと言われる栄養素の種類を調べてみた。

男性に必要な栄養素

1.マカ

もともと精子中に多く含まれる亜鉛や、精子状態を良くするアルギニンなどが含まれ、男性機能の向上に役立つ。

2.亜鉛

精子の生成をサポートしてくれる栄養素である。不足すると精子数の減少、奇形率が上がったりするのでこまめに摂取したい。

3.高麗人参

興奮作用があり、性欲を高めたい時やED(勃起不全)の改善に役立つ。

4.ビタミンE

精巣機能を高めて精子数を増やす効果がある。医師によって処方されるケースも多い。

5.山芋ムチン

滋養強壮効果が高く、性欲を高めるのに役立つ。細胞老化を防ぐ効果もあり、精子の運動量を司るミトコンドリアを元気な状態に維持してくれる。

6.セレン

精子を形成する働きがある。亜鉛と同じでもともと精子の中に含まれており、細胞を老化から守る抗酸化力も強い。

7.アルギニン

精子数を増やす働きをする。また、ED(勃起不全)にも効果がある。

8.ビタミンQ

細胞老化を防いだり、精子の運動機能を高めたりする効果がある。

男性不妊を克服するには

男性に必要な栄養素をバランスよく摂ることともに、日常生活も改善が必要だ。

・喫煙や過度の飲酒
・ストレス
・運動不足や睡眠不足
・ノートパソコンなどを膝の上に置いて長時間の作業


上記の悪い要素を改善していくことで、精子への日頃のダメージは減少するだろう。精子は最も熱に弱く、身体に良くない生活にも弱いのだ。

特に、身体に良くない生活に弱い理由としては、精子へのエネルギーを与えているミトコンドリアが深く関わっている。

このミトコンドリアは、加齢やストレス、不規則な生活、飲酒や喫煙などで数が減ってしまう。それにより、エネルギー生産が滞り、精子の生殖能力が十分に発揮できなくなってしまうのだ。

これは、いくら精子量が多くても、いくら精子が少しでも存在していても、質が悪い精子になってしまっているため、男性不妊にも繋がってしまうのだ。

より質の良い精子にするには

もちろん、精子に良い栄養素を摂ることは大切だ。しかし、注目すべき点は精子にエネルギー配給している「ミトコンドリア」だろう。このミトコンドリアは、精巣機能を活性化させる力を持っている。

しかし、不規則な生活が続いたり、過剰にストレスがたまっていたりすると、ミトコンドリアは徐々に数が失われ、質の良い精子を作るだけのエネルギーが出せなくなってしまうのだ。

では、弱ったミトコンドリアを活性化させるためにはどうすべきか?

ミトコンドリアを活性化させるために

規則正しい生活習慣・適度な運動

ミトコンドリアは、早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動によって活性化される。筋肉の中にはミトコンドリアが多く存在するので、トレーニングをすると良いだろう。

不足してしまったミトコンドリアのエネルギーを補給

イースタティックミネラル」を含むサプリメントを利用するのも一つの方法である。「イースタティックミネラル」を摂ることで、精子の生殖機能を働かせるためにエネルギーを生産していたミトコンドリアに、不足してしまった分のエネルギーを補給をしてくれるのだ。

それによりミトコンドリアは蘇り、精子へのエネルギー配給もスムーズになり、より質の良い精子が作られ、妊娠力のアップへ繋がるのだ。

また、精子の中片部に存在しているミトコンドリアが元気になれば泳ぐスピードも上がるので、妊娠が成立する可能性も高くなり、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がるのだ。

▼評価の高い関連記事

  • 男性不妊の治療方法男性不妊の治療方法 男性不妊の治療 「男性不妊治療」は、まだ世間に認知されていないようだが、医療技術が進んできている分野だ。夫婦で協力する妊娠・出産だからこそ、不妊治療も夫婦で協力し合うことが最も […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 精子の若返りにも期待されるイースタティックミネラル

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP