2017年1月23日(月)  男性不妊

男性不妊の治療流れと費用まとめ


特に避妊しているわけでもないのに2年以上子供ができない場合は「男性不妊」の可能性がある。
そこで病院へ行って調べてもらうわけだが、かかる費用の相場や、どのような流れで治療が進んでいくのかについて調べてみた。

治療の大まかな流れ

① 問診を受ける。聞かれることは、不妊期間や結婚した日付、治療歴の有無や病歴など。
② 数日間の禁欲期間を設け、精液の検査を受ける。
③ 体や精子の状態により、今後の治療方針を決定する。

病院によって多少の違いはあるが、だいたいこのような流れで治療が進んでいく。医師に話しにくいこともあると思うが、治療の成果を出すためにはどんな小さなことも正直に打ち明けておくことが大切である。

費用の相場

まず一番最初にかかるのは初診時の検査費用で、これはだいたい5、000円前後のところが多い。

次に必要に応じて細かい検査や治療に入っていくわけだが、初期の頃のタイミング法や一般不妊検査であれば、健康保険が適用されて負担はかなり抑えられる。

ちなみに、必ず受けることになる精液検査は、保険を使えば一回あたり1,000円前後である。

問題はその次の段階の生殖補助医療だ。これには人工授精・体外受精・顕微授精などが含まれるが、これらの治療には健康保険が使えず全て自費になるため、患者さんは経済的に重い負担を強いられる。

自治体によってはこうした治療に対して助成金を出してくれるところもあるので、一度役所に問い合わせてみると良いだろう。

かかる費用

・人工授精 / 一回あたり15,000円前後
・体外受精 / 一回あたり70,000~600,000円前後
・顕微授精 / 一回あたり200,000~600,000円前後

といったところであるが、料金は病院ごとに自由に設定できるので、高いところでは体外受精と顕微授精の費用が一回あたり100万円を超えることも珍しくない。

一般的に不妊専門のクリニックほど高く、大学病院ほど安くなる傾向があるので、いろいろ情報を集めて自分に合った病院を選ぼう。

より妊娠率を上げるために

また、精子の運動量や質を向上させる心がけも忘れないようにすべきだ。

妊娠するには、精子と卵子が受精しなければ始まらない。だからこそ、卵子まで到達し受精させるための「精子の質を高める」ことを意識して、普段の食生活や生活習慣の見直しを夫婦で行おう。

今では、男性のため妊活サプリも出ている。それを飲用して、栄養バランスを調整する方法もありだ。

サプリメントを摂るときの注意

妊活に良い成分全てを効率よく摂取したいところではあるが、全てを満足に摂取することはなかなか大変だ。しかも、さまざまなサプリメントを多く摂ってしまうと、不必要な成分を余分に摂取することになったり、過剰摂取の不安もある。

そこで今では、これら不妊症に悩む女性や男性に必要な成分を一つにバランス良く配合した「オールインワンサプリや最近注目されている「イースタティックミネラル」を含むサプリなども開発されている。

一つの成分だけにこだわるのもよいが、こういった製品を活用して必要な成分を体にも財布にも負担なく、バランスよく摂取するのも一つの方法ではないだろうか。

夫婦一緒に、日々の食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにし、自分自身でも妊娠のための環境作りを心がけていくようにしよう。

  • 精子の活動力を高める妊活成分とは 食の偏りやストレス社会の影響などにより、近年増加している男性不妊。精子の活動力や量が低下する、いわゆる「精子の質」が問題となっています。 […]

▼評価の高い関連記事

  • 男性不妊の治療方法男性不妊の治療方法 男性不妊の治療 「男性不妊治療」は、まだ世間に認知されていないようだが、医療技術が進んできている分野なのである。夫婦で協力する妊娠・出産だからこそ、不妊治療も夫婦で協力し合うこ […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 精子の活動力を高める妊活成分とは

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP