2017年5月23日(火)  男性不妊

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

AIHの平均的な成功確率

AIHの成功確率は、全国平均で5~10%前後といわれている。ただし、これは医師の腕や熟練度によって違うので、病院を選ぶ際には口コミなどを利用して成績の良いところを探すと良いだろう。

▶︎“精子の活性と質の改善”で注目されている成分とは?

AIH人工授精とは

AIH人工授精とは、Artificial Insemination of Husbandの略で、配偶者間人工授精という意味の治療法である。

夫から採取した精子を直接妻の膣内に注入するというやり方で、成功率は5~10%。この方法を5回以上試しても妊娠しない場合は、さらに体外受精へとステップアップするケースが多い。

AIHの成功率

一般的に、AIHに5回以上挑戦しても妊娠できなければ次のステップである体外受精に移行するケースが多いが、稀に10回挑戦してめでたく妊娠したという人もいる。

しかし、AIHは時間の制約が多いので、仕事が忙しいカップルは早い段階で体外受精に踏み切ったほうが精神的には楽だろう。ただ、体外受精の費用はAIHとは比べ物にならないほど高額なので、十分な資金を準備しておく必要がある。

AIHがタイミング法と比べて優れている点は

・洗浄濃縮により、精液中の不純物が取り除かれ、精子の質が良くなる
・直接膣内に精子を注入するので、性交がうまくいかなくても関係ない

などで、特に夫がED(勃起不全)でなかなか射精に至らないというカップルには非常に有効な方法だ。また、排卵誘発剤を使わない場合は子宮や卵子に負担がかかることもないので、女性側のリスクが少ないこともメリットのひとつである。

成功確率は決して高いとは言えないが、諦めずに取り組んでほしい。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 男性不妊の治療方法男性不妊の治療方法 男性不妊の治療 「男性不妊治療」は、まだ世間に認知されていないようだが、医療技術が進んできている分野なのである。夫婦で協力する妊娠・出産だからこそ、不妊治療も夫婦で協力し合うこ […]
  • 男性不妊の原因男性不妊の原因 男性不妊の原因と種類 男性不妊の原因の約90%が「造精機能障害」だと言われている。造精機能とは、精子をつくり出す機能であり、この機能自体に問題が起こることで、精子を作れなくなる […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

PAGE TOP