2017年1月21日(土)  不妊

生理不順。病院でわかる事


生理不順

生理不順には、思わぬ重大な病気が隠れている場合がある。

・多嚢胞性卵巣
・子宮筋腫
・ポリープ
・子宮頸がん
・無排卵による排卵障害

以上のように、生理不順には様々な原因があるのだ。

生理不順の原因を見分ける

病院で血液検査を受けることで、血液からホルモンの値が分かるので、大抵の生理不順の原因を見分けることが可能だ。

生理不順の原因として割とよくあるのが、「卵巣機能の低下による女性ホルモン不足」

生理の仕組みは、脳から卵巣へ女性ホルモン分泌の信号が出て、その指令を受けた卵巣が卵を育ててホルモンを分泌するという流れなのだが、これがきちんとできていないと生理不順を起こす原因になるということだ。

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に 原因不明不妊の多くに、ミトコンドリア不活性による「卵子の質の低下」がみられますが、同時に女性ホルモンの乱れや低下による「妊娠力の低下」も問題となっています。 […]

▼評価の高い関連記事

コメントを残す

文字サイズ:

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP