2017年1月19日(木)  不妊

着床したときにはどんなタイプのおりものが出る?


一般的に多い症状

着床の症状としておりものが一般的に多い症状としてあげられる。
おりものはいつも分泌されているが、着床時のおりもの量は普段よりも多くなることがある。

それは、妊娠したことで女性ホルモンが増加し、子宮内での運動が活発化して刺激されることで分泌量が増加するとされている。

では着床時のおりものはどのようなタイプが多いのだろうか。

着床時のおりもののタイプ

状態 :さらさらしている
量  :普段より量が多く感じる
色  :白っぽいものから少し茶色
におい:においが無い、もしくは少ない
※個人差によって異なる

日頃からの確認が大切

これらが多くみられる着床のサインといわれているが、おりものは子宮内膜症やカンジダなど身体に異常がある可能性も少なくない。

年齢を重ねるうえでもおりものの状態は異なるので、日頃から必ず確認しておくことが大切である。そうすることで自分の状態変化にすぐに気づくことができる。

▼評価の高い関連記事

  • 子宮頸管粘液について正しく知る子宮頸管粘液について正しく知る 子宮頸管粘液とは子宮の入り口部分の子宮頸部の分泌腺からでる粘液のことである。一般的に濡れない、濡れにくいというのはこの頸管粘液の分泌量が少ないことをいう。 頸管粘液の量が充 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 必要な妊活成分を効率よく摂取して妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP