2017年1月23日(月)  不妊治療全般

受精した時はどんなタイプのおりものが出る?


女性が妊娠すると、お腹の赤ん坊を様々な雑菌から守ろうと、身体がおりものを増やすようになる。

排卵日付近のおりものとは状態が違うようで、多くの体験者の声を聞くと、妊娠時のおりもののタイプはさらさらとしたおりもののようだ。

おりものの違い

他にもにおいが違うことがあったりなど、妊娠時、つまり受精時のおりものは、排卵日のおりものとは違うため、いつもと少し違うなと感じたら妊娠を考えてみてもいいだろう。

ただし、不規則な生活をしている場合は、おりものの状態が他の人とは異なることが多い。妊娠時のおりものを見分けるためにも、普段から栄養価の高い食事と充分な睡眠が必要だ。

不妊治療中の多くの夫婦が活用

仕事で食事の融通がきかないという場合には、サプリメントを検討してみるといいだろう。

不妊治療中の夫婦は共働きが多く、一日の必要な栄養を食事だけでまかなうことは難しいため、ほとんどの夫婦は、妊娠するための体を作るためにサプリメントを利用している。

充分な食事と睡眠をとるということが前提だが、足りないものを補う方法の一つとしてマルチビタミンや葉酸、マカなどのサプリメントを利用することも選択肢の一つだ。

もし、何が自分に合っていて、何を基準に選ぶべきなのか、全く分からないという状況にも陥ってしまった場合、3つのポイントがあるので、それを把握しておくと選びやすい。

1.女性ホルモン・男性ホルモンの分泌を促進する働きを持つものを選ぶ

ホルモンの活性に働きかける「ジオスゲニン」、効率的なホルモンの分泌を促す「アグリゴン型イソフラボン」が含む食品

2.卵子・精子のエネルギー源であるミトコンドリア量を増やす

生殖細胞にエネルギーを与える「イースタティックミネラル」が含む食品

3.血行不良を改善する

血流改善と自律神経を安定させる「アグリゴン型イソフラボン」が含む食品

上記3つのポイントを押さえて、サプリメントなどを選び、ホルモン環境・卵子と精子の老化を改善させ、より妊娠力を底上げすることが、妊娠・出産において大切なことだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関わっていることもあり、この保 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP