2017年1月22日(日)  不妊治療全般

妊娠の初期症状とは〜受精したときにはどんな症状があるの?


受精時の症状

受精したときの症状、いわゆる妊娠初期症状は次のような状態がみられやすい。

・体温が高くなる
・腹痛がある
・生理日でないのに、出血がある(着床出血)
・むくみやすい
・疲れやすい
・胸が張ったり、痛い

いつもとは違う身体の様子を感じたら、妊娠初期症状かも知れない。

葉酸は必要な成分

妊娠が分かると積極的に摂らなくてはいけないのが葉酸。国からも推奨している成分で、胎児の成長に必要不可欠な成分だからだ。

しかし妊娠が分かってからでは遅いので妊娠が分かる前、妊活中の時から飲み始めるのが良い。

葉酸とは

「葉酸」は、妊娠を望む人には是非摂ってほしい栄養素である。
なぜなら、葉酸には精子の染色体異常を抑えたり、子宮内壁を強化して受精卵が着床しやすい環境を整えたりする効果が期待できるからだ。

よく「葉酸を摂るのはお腹に赤ちゃんができてからでもいいんでしょ?」という声を耳にする。

しかし、染色体異常が起きている精子と卵子が結合すればその時点で奇形が決定してしまうし、子宮内の状態が悪くて受精卵がうまく着床できなければ赤ちゃんは育つことができない。

そのため、葉酸は妊娠を考える前から継続して摂っておく必要がある。

妊娠してからも葉酸は必要

無事に妊娠することができたら、今度は胎児の細胞分裂を助けるために葉酸が必要となる。

胎児が母親から生まれて外に出ても生きていけるようになるまでは、約10ヶ月間お腹の中ですくすくと細胞分裂を繰り返しながら成長する必要があるわけだが、この細胞には核酸の成分の一つであるDNA(遺伝物質)が含まれている。

葉酸が不足しているとDNAにコピーミスが起き、それが胎児の先天異常につながってしまうので、胎児の健やかな成長のために妊娠中も変わらず葉酸を摂り続ける必要があるのだ。

また、葉酸は母親のつわりを軽くしたり、鉄が作られるのを助けて貧血を防いだりする効果もある。
妊娠中はただでさえ胎児に栄養を送るため母体に負担がかかりやすいので、葉酸を摂って体調管理に役立ててほしい。

これらの理由から、葉酸は妊活中だけではなく、妊娠が成立したあとも継続して摂取する必要があることが分かる。

水溶性で体外に排出されやすく、加熱によって失われやすい成分なので、食事の内容に気を配るとともにサプリメントを上手に利用して不足分を補うようにしよう。

妊活に良いとされている成分として、葉酸の他にも亜鉛や鉄分など女性が不足しがちな成分は、胎児の成長にも関わってくる。将来のことを見据えて、妊活中から積極的に摂るのがいいのではないだろうか。

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に 原因不明不妊の多くに、ミトコンドリア不活性による「卵子の質の低下」がみられますが、同時に女性ホルモンの乱れや低下による「妊娠力の低下」も問題となっています。 […]

▼評価の高い関連記事

  • 腹腔鏡検査で妊娠しやすくなる?腹腔鏡検査で妊娠しやすくなる? 腹腔鏡検査(ラパロ)とは 腹腔鏡検査(ラパロ)は、全身麻酔を行った後、臍部(おへその下辺り)に5~10mmほどの穴を開け、そこから腹腔鏡という小さなカメラを挿入し、腹部内の子宮 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP