2017年10月22日(日)  不妊治療全般

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

▶︎症例の結果を詳しく見る

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

基礎体温の高温期だけではわからない妊娠の謎

女性の基礎体温サイクルは、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンが関係している。

この2つのホルモンの働きで卵胞ホルモンが低温期を作り、やがて排卵を迎えその後、黄体ホルモンが分泌され高温期を作りだしているのだ。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

排卵を迎え妊娠していれば、生理は起こらず高温期が継続される。
個人差はあるが、36.7度より高いことが目安になり、3週間以上続く場合は妊娠している可能性が高くなる。

しかし、妊娠している場合でも、黄体ホルモンが急激に増加する影響で、一時的に基礎体温が低温期近くまで下がることがある。

そのため、基礎体温の高温期だけで妊娠の兆候を判断するのは難しく、つわりや体調の変化などその他の兆候と合わせて判断する必要があるのだ。

安定しない基礎体温

仕事と妊活の両立で食事が疎かになったり、日々のストレスでホルモンバランスが乱れると基礎体温は安定しない。

「食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにする」というのが一番だが、難しい場合も多いだろう。

妊娠しやすい身体作りのために、ほんの少し環境や食生活を改善するだけでも、身体は反応してくれる。
できることから少しずつ改善してみると、基礎体温にも変化が出るのではないだろうか。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

PAGE TOP