2017年3月25日(土)  不妊治療全般

卵管検査のあとは妊娠確率が上がる理由


卵管検査とは、子宮卵管造影と呼ばれ子宮の内部の形の異常と卵管の通過性を調べる検査である。不妊症の検査においては、初期に行われることが多い。

例えば、両方の卵管が閉塞している場合、自然妊娠であったり人工授精を行っても妊娠は期待できない。
また、子宮内が二分される双角子宮でも、その程度により妊娠が難しいこともある。それらを診断するために、子宮卵管造影は行われる。

▶︎“卵子の若返りと質の改善”で注目されている成分とは?

子宮卵管造影の方法

子宮口からカテーテルを子宮内に挿入し、造影剤を注入してレントゲンを撮る。卵管は長さが約10cmほどで、直径は細い箇所で約1mm程度だ。

造影剤を注入することで、卵管が詰まっていれば造影剤は流れず、その先はレントゲンに写らない。また、子宮内の形や、卵管と卵巣の癒着なども調べることができる。

子宮卵管造影を行うことにで妊娠率があがるのか

子宮卵管造影には、子宮の内側の形・卵管の状態・卵管や卵巣の癒着などを調べることの他、治療的な側面も持っている。

卵管が完全に閉塞した場合は別だが、通りが悪い程度であれば、検査後に妊娠するケースが多くみられる。

卵管検査を行うことにより、軽い癒着は剥がれてしまうようだ。ちなみにこの検査は別名、「煙突そうじ」「トンネルそうじ」とも呼ばれている。

検査後、妊娠率が上がる期間は、「検査後の6ヶ月間、特に最初の3ヶ月間は妊娠率が高い」といわれている。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • イースタティックミネラルを使った、卵子/精子の老化に対するアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関わっていることもあり、この保 […]
  • 腹腔鏡検査で妊娠しやすくなる?腹腔鏡検査で妊娠しやすくなる? 腹腔鏡検査(ラパロ)とは 腹腔鏡検査(ラパロ)は、全身麻酔を行った後、臍部(おへその下辺り)に5~10mmほどの穴を開け、そこから腹腔鏡という小さなカメラを挿入し、腹部内の子宮 […]

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

PAGE TOP