2017年5月25日(木)  不妊治療全般

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

排卵検査薬と妊娠検査薬の違い

よく、排卵検査薬で妊娠判定が分かるという話を耳にするが、それは本当なのだろうか?まずは、排卵検査薬と妊娠検査薬の違いを調べてみた。

▶︎”卵子へのプローチと質の改善”で注目されている成分とは?

排卵検査薬と妊娠検査薬の違い

● 排卵検査薬

尿中のヒト黄体形成ホルモン(LH)を検出する。黄体形成ホルモン(LH)の分泌量によってテスト線の濃さが変化し、最も妊娠しやすい時期(排卵日)を約1~2日前に予測する。ただ、メーカーブランドによって、予測範囲は異なる。

● 妊娠検査薬

尿中のヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)を検出する。ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)は、将来胎盤になる絨毛組織から分泌されるホルモンで、排卵日から2~3週間目には陽性反応が出るように作られている。しかし、個人差もあるため、生理予定日1週間後の検査が推奨されている。

排卵検査薬で妊娠判定はできるの?

排卵検査薬と妊娠検査薬の2製品は、検出されるホルモンの種類が全く異なる。

しかし、この2種のホルモンは構造がとても似ているため、受胎していれば「排卵検査薬」でも「ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)」を、感知して陽性を示すことがあるようだ。

妊娠検査薬は「hCG検出感度:20~100mIU/mLほど」で、国内で主に市販されている製品は50mIU/mL、早期妊娠検査薬として販売されている物は「25mIU/mL」が検出基準値となっている。

排卵検査薬は「LH検出感度:25mIU/mL」である。構造が似ていると言っても、やはり別々のホルモンを検出するため、排卵検査薬で必ず妊娠判定が出来るとは言えないのだ。

陽性反応が示されても、あくまで「妊娠の希望は持てる」程度にしかならない。

確実に妊娠の有無を確認したい場合は、産婦人科へ行かれることが一番だ。また、自分で調べたい場合は、やはり「妊娠検査薬」だろう。生理予定日から1週間後に検査を行えば、妊娠検査薬が誤報を伝えることは、ほぼない。

より妊娠に近づくために

基礎体温を付ける

基礎体温を付けることで、自分の排卵日の予測をたてやすくなる。また、測定結果・体調・性交の有無もグラフに書き込むことで変化も分かりやすくなる。

尿検査・排卵検査薬

尿中の「LHサージの」分泌量を検出し、排卵のタイミングを把握する。「LHサージ」がみられたら、そこから約12〜36時間(ピークからは10〜12時間)以内に排卵が起きる。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 卵胞チェックは排卵の目安になる卵胞チェックは排卵の目安になる 「卵胞=卵子」という認識は間違っている。「卵胞」とは、「卵子」を守りながら包み込んでいる袋のようなものだ。さらに、卵胞という袋の中には「卵胞液」というものが入っており、卵子はその […]
  • 子宮内膜炎を克服して妊娠するには子宮内膜炎を克服して妊娠するには 子宮内膜炎とは、子宮内にある子宮内膜が細菌感染によって炎症してしまっている状態を言う。一般的な成熟女性は、頸管粘液で細菌を排除し、生理(月経)によって内膜が剥離・再生を繰り返すた […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

PAGE TOP