2017年1月22日(日)  不妊治療全般

子宮筋腫がある場合の不妊治療


「子宮筋腫」とは、子宮の筋層にできる良性の腫瘍のことだ。
悪性ではないので命の危険に晒される心配はないが、放置すると女性ホルモンの働きによってどんどん大きくなるので、早めに発見して除去したほうが良い。

子宮筋腫による弊害

子宮筋腫が大きくなると具体的にどんな弊害が表れるかといえば、まず、子宮の形が凸凹になって受精卵が着床しにくくなるということが挙げられる。

また、筋腫が子宮内腔に出来ている場合は、それが邪魔して受精卵が通れず、やはり妊娠は難しくなってしまう。

さらに、筋腫があると子宮が固くなるので、外からの刺激に柔軟に対応することができず、その結果、流産につながってしまうケースも少なくない。

だから、なかなか赤ちゃんができなかったり、途中で流産してしまったりするような状態が続く時には、子宮筋腫の存在を疑って詳しい検査を受けてみる必要があるのだ。

症状が軽ければそのまま様子を見ながら不妊治療を進めるが、問題があると判断されれば摘出手術を受けることになるだろう。

子宮筋腫を取り除く

子宮筋腫をどの程度取り除くのかについては、患者さんの年齢や筋腫の状態を考慮して決められる。

もう子供を産む予定のない女性であれば子宮を全て取り除いてしまう場合もあるが、まだ年齢が若かったり、これから子供を授かりたいと考えていたりする場合は、当然子宮は残しておかねばならない。

また、年齢が35歳以上で筋腫の育ち具合を観察している余裕がないという場合は、とりあえず子宮筋腫のことは置いておき、不妊治療のほうを優先させる場合もある。

どのような方法を選ぶにしろ、最終的に決めるのは患者さん自身だ。後悔しなくても済むよう、医師とよく相談して納得がいかなければ、別の病院でセカンドオピニオンを受けてみよう。

大事な問題なので、夫ともとことん話し合ってほしい。

妊娠をしたい場合

子宮筋腫の治療はもちろん行うが、それと平行して、女性は卵子の老化、男性は精子の老化に気をつける必要がある。近年では不妊治療も進歩し、様々な方法がある。また、漢方薬やサプリメントも出ている。

そのため、何が自分に合っていて、何を基準に選ぶべきなのか、全く分からないという状況にも陥ってしまうこともある。その場合、3つのポイントがあるので、それを把握しておくと選びやすい。

1:女性ホルモン・男性ホルモンの分泌を促進する働きを持つものを選ぶ

ホルモンの活性に働きかける「ジオスゲニン」、効率的なホルモンの分泌を促す「アグリゴン型イソフラボン」

2:卵子・精子のエネルギー源であるミトコンドリア量を増やす

生殖細胞にエネルギーを与える「イースタティックミネラル

3:血行不良を改善する

血流改善と自律神経を安定させる「アグリゴン型イソフラボン」

上記3つのポイントを押さえて、サプリメントなどを選び、ホルモン環境・卵子と精子の老化を改善させ、より妊娠力を底上げすることが、妊娠・出産において大切なことだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関わっていることもあり、この保 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP