2017年1月17日(火)  不妊治療全般

不妊治療に使われる注射剤


不妊治療には、妊娠しにくい状態を改善するため多くの薬が使われる。その中でも、注射剤は直接血管内に注入するため内服薬に比べると即効性があり、排卵しやすい状況を作る目的でよく使用されている。

また、子宮内膜が十分に厚くならなかったり、月経不順に悩んだりしている患者さんには、黄体ホルモンを注射して体質の改善を図るケースも少なくない。

一般的によく使われている注射剤

HMG製剤、FSH製剤

自力で排卵のできない人、排卵が起こりにくい患者さんに使われる。また、体外受精や顕微授精の際、複数の卵を育てるためにも使用されるが、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)や多胎妊娠の可能性が高まるというリスクもある。

HCG製剤

LHサージ(排卵を促すためのもの。黄体形成ホルモンが一気に放出される現象のことを指し、LHサージが起きて1日~1日半後に排卵が起きる)の働きが弱い患者さんに投与される。

注射後、約36時間後に排卵が起きるが、副作用としてOHSSを引き起こす可能性がある。

プロゲストン、プロゲストンデポー

黄体ホルモンを補充し、子宮内膜の状態を整えたり、月経不順を改善したりする効果がある。副作用としては、吐き気・乳房の張りや痛み・頭痛など。

効果と副作用

このように、注射剤は優れた効果を発揮する一方で、副作用のリスクもつきまとう。使用中、明らかに体調がおかしくなった場合は、遠慮せずかかりつけの病院に相談しよう。

特に、OHSSが重症化すると腎不全や肝機能の低下など重大な合併症を引き起こす危険性があるので、我慢せず診察を受けてほしい。場合によってはいったん注射の使用を中止したり、薬の量を減らしたりすることも必要だ。

妊娠しやすいカラダづくり

卵子の質が悪いと、妊娠しにくくなってしまう。そのためには、生活習慣の見直しを心がけてみよう。夜更かしや栄養バランスの悪い食事、運動不足などが原因で卵巣の機能が低下している可能性は十分に考えられる。

また、卵子の元気度には細胞の活性化を促すミトコンドリアの数も深く関わっているので、筋力トレーニングをすると良いだろう。ついでに体温を上げることもできて一石二鳥だ。

さらに、イースタティックミネラルという成分が含まれたサプリメントを取ると、ミトコンドリアに不足しているエネルギーを補給することができる。それにより、老化したミトコンドリアが甦り、質が悪くなった卵子や精子を回復させ、結果的に、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がるのだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が日本生命保険(ニッセイ)から発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP