2017年1月23日(月)  不妊治療全般

不妊治療 血液検査で数値が低い人の卵子とは


不妊治療には「AMH(アンチミューラリアンホルモン)」という血液検査がある。
これは、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンの値を測るもので、これにより卵巣予備能(あとどれぐらい体の中に卵子が残っているか)をある程度予測することが可能なのだ。

しかしその結果、なぜか年齢の割に卵子の数が極端に少ない人がいる。その原因は、一体どういうものなのだろうか?

卵子数が少ない人の原因

まず、生まれつき持っている卵子の数が少ないということが考えられる。そして、免疫異常などの原因により、人よりも速いスピードで卵子が失われていく可能性だ。

通常は、生まれたばかりの時に約100万個の卵子を持って生まれ、初潮を迎える頃になるとその数が約40万個まで減る。

さらに、自然妊娠が難しくなる30代後半には10万個ほどになって、その後残りが5万個を切ると閉経が近付く・・・という経過をたどるのであるが、なんらかの理由でこの基準から大きく外れる人がいるのだ。

しかし、卵子の数が少ないからといって妊娠をあきらめる必要はない。AMHによって明らかになるのはあくまでも“卵の数”であって、質とは関係がないからだ。

残された卵の質を保つ努力

ここで重要になるのが、いかにして残された「卵の質を保つ」かということ。
もし避妊もしていないのになかなか妊娠できない状態が続いていれば、卵子の質が落ちている可能性が高い。そのまま放置するとどんどん老化が進んでしまうので、少しでも質を高める努力をしよう。

卵子の質の向上

それには、ミトコンドリアの数を増やすことが大切だ。
ミトコンドリアはATPと呼ばれるエネルギーを出して細胞を活性化させてくれるので、十分に数が足りていればイキイキとした卵子を作ることができる。

早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動を心がけ、卵子力アップを目指そう。筋肉の中に多く含まれるので、筋力トレーニングを日課にするとより効果的だ。

さらに、イースタティックミネラルという成分が含まれたサプリメントを取ると、ミトコンドリアに不足しているエネルギーを補給することができる。

ミトコンドリアが元気になることで、卵子と精子へのエネルギー配給がスムーズに行われ、卵子と精子の質が向上され、不妊治療に費やす時間も短縮することにも繋がっていくのだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関わっていることもあり、この保 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP