2017年1月19日(木)  不妊治療全般

日本で人工授精を受ける場合の平均費用


日本で人工授精を受ける場合の平均費用は、1回当たり約15,000~20,000円ほどである。
検査料を合わせても30,000円ぐらいなので体外受精に比べれば少額だが、それでもこれを何度も受けるとなれば経済的負担は大きい。

不妊治療費助成制度と医療費控除

もし治療費を支払うのが負担なら、自治体で行っている「不妊治療費助成制度」を利用してみよう。細かい条件は各自治体によって異なるが、それさえクリアすれば人工授精にかかる費用のうちいくらかを助成してもらうことができる。

また、多くの銀行では不妊治療をする人を対象としたローンを取り扱っているので、そうしたものを利用するのも一つの方法だ。年齢や勤務状況などの条件を満たしていれば、最大で数百万円まで融資してもらえる。

さらに、確定申告の医療費控除で不妊治療(人工授精も認められています)は控除の対象になります。

人工授精の成功率を上げるために

どの治療に関してもそうだが、成功率を上げようと思えばできるだけ若いうちに挑戦することが大切だ。どんなに見た目が若くても、「卵子」や「精子」は確実に年をとる。

多くの女性が「その気になればいつでも妊娠できるから大丈夫」と思い込み、実際に子作りを始めてから現実に直面してショックを受けるというが、よほど関心を持って調べようとしない限りそのような情報を得る機会はないのでそれも仕方ない。

これほどまでに不妊に悩む女性が増えているのだから、性教育の内容をもっと見直す必要があるだろう。

卵子の質の向上

もし、卵子の状態が悪くて治療の成果が上がらないのなら、生活習慣の見直しをしてみよう。夜更かしや栄養バランスの悪い食事、運動不足などが原因で卵巣の機能が低下している可能性は十分に考えられる。

また、卵子の元気度には細胞の活性化を促すミトコンドリアの数も深く関わっているので、筋力トレーニングをすると良いだろう。ついでに体温を上げることもできて一石二鳥だ。

さらに、「イースタティックミネラル」という成分が含まれたサプリメントを取ると、ミトコンドリアに不足しているエネルギーを補給することができる。

イースタティックミネラル」により、老化したミトコンドリアが甦り、質が悪くなった卵子や精子を回復させることができるのだ。それにより、不妊治療に費やす時間も短縮することに繋がるのだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が日本生命保険(ニッセイ)から発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP