2017年3月24日(金)  不妊治療全般

人工授精の成功率を上げる卵子力とは


「人工授精」は男性から採取した精子を女性の子宮内へ直接注入する不妊治療法だ。
精子に問題があっても受精させることが可能だが、それを受け入れる卵子側の準備が整っていなければ妊娠には至らない。

そのような場合、どうすれば卵子力を上げることができるのだろうか?

▶︎“卵子の若返りと質の改善”で注目されている成分とは?

卵子力を上げる方法

冷え症

なによりもまず体を冷やさないことが大切だ。
冷えと卵子は一見関係ないようであるが、血流の悪さが酸素と栄養の不足を招くので機能が低下してしまう。実際に、意識して体を温めるようにしたとたん妊娠できたという例は多いのだ。

肌を露出するような服装は避け、なるべく温かい飲み物を取るようにしよう。また、体内に新鮮な酸素を取り込むことのできる有酸素運動をすると、血流が良くなって体温も上がる。

そして、毎日入浴して芯から体を温めてほしい。自分の平熱より5度高いお風呂に入ることを10日間続けると体温が1度上昇するというデータもあり、冷え性の改善には非常に効果的だ。

卵子の質の向上

卵子の質には、ミトコンドリアが大きく関わっている。
これは人間の体内にもともと存在する細胞器官だが、ATPと呼ばれるエネルギーを放出して細胞の働きを活性化させる役割を持つ。

不足すると卵子の成長に必要なエネルギーが足りず老化が進んでしまうので、ある程度の年齢を過ぎたら積極的に増やす努力をしよう。

ミトコンドリアを増やすには、早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動などの規則正しい生活が必要である。筋肉の中に多く含まれるので、筋力トレーニングを日課にすると良いだろう。

卵子力を上げるために、日頃の生活を整え、ミトコンドリアを増やす体づくりを意識していきましょう。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関わっていることもあり、この保 […]
  • 腹腔鏡検査で妊娠しやすくなる?腹腔鏡検査で妊娠しやすくなる? 腹腔鏡検査(ラパロ)とは 腹腔鏡検査(ラパロ)は、全身麻酔を行った後、臍部(おへその下辺り)に5~10mmほどの穴を開け、そこから腹腔鏡という小さなカメラを挿入し、腹部内の子宮 […]

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

PAGE TOP