2017年5月23日(火)  不妊治療全般

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

人工授精の費用 日本平均

「人工授精」は、男性の精子を女性の子宮内に直接注入する方法である。男性の射精能力に問題があっても授精が可能なので、この方法により、毎年多くの夫婦が子供を授かっている。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

日本の平均費用

日本でこの治療を受ける場合の平均費用は、一回あたりおよそ15,000~20,000円ぐらいだ。ただし、ここに各種検査の費用も加わると、一周期で30,000円を超えることも珍しくない。

体外受精や顕微授精に比べると非常に安く感じるが、毎回この金額を支払うのは患者さんにとって負担が大きい。また、5周期ほど挑戦しても妊娠しない場合はもうこの方法で成功する可能性は低いと判断され、次のステップである体外受精を勧められるケースが多くなる。

尚、体外受精の場合は一回あたりの費用が300,000~500,000円ぐらいかかるのが普通なので、不妊治療を始めようと思ったら、あらゆるパターンを想定してお金の準備をしておこう。

人工授精を成功させるために

人工授精を成功させるには、夫側の理解と協力が必要不可欠だ。

なぜなら、治療には採取してからそれほど時間のたっていない精液が必要となるので、時には仕事中にトイレで採取して持ってきてもらったり、病院内で自慰をしてもらったりしなければならないのである。

いくら治療のためとはいえ、自宅以外の場所でそのような行為に及ぶことには抵抗のある男性も多く、これが原因で人工授精に踏み切れないケースも少なくない。

また「人工」という言葉になんとなく恐ろしいものを感じ「本当にそんな方法で子供を作っても大丈夫なのか」と慎重になる男性もいる。

妊娠はどうしても女性主体になってしまうので、男性は実感が湧きにくいのだろう。

卵子や精子の質を高める

より、人工授精の成功率をあげたい場合は、やはり「卵子と精子の質を高める」ことを心がけるべきだろう。

妊娠するには、精子と卵子が受精しなければ始まらない。だからこそ、卵子まで到達し受精させるための「精子の質を高める」ことも意識して、普段の食生活や生活習慣の見直しを夫婦で行おう。

夫婦一緒に、日々の食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにし、そして妊娠しやすい身体作りを心がけていくようにしよう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療の助成金とは?不妊治療の助成金とは? 日本での不妊治療の平均的な費用は、約130万円以上するようだ。 治療期間は約2〜5年が多く、治療段階によっても費用は異なる。 ▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳 […]
  • クロミッドと排卵の関係クロミッドと排卵の関係 クロミッドは排卵誘発剤の中で最もポピュラーな経口薬だ。脳内の視床下部を刺激させて排卵を促すホルモンを分泌させる働きを持っている。 ▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47 […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

PAGE TOP