2017年3月25日(土)  不妊治療全般

不妊治療検査から治療の流れと費用


特に避妊もしていないのに1年以上子供ができない状態を「不妊」と呼び、原因を探るため病院での検査が必要となる。

治療までの大まかな流れとかかる費用について調べてみたので、これから病院に行こうという人は参考にしてみてほしい。

▶︎“卵子の若返りと質の改善”で注目されている成分とは?

検査から治療までの流れ

① 問診。結婚した日付や不妊歴、中絶経験、基礎体温表の有無などについて質問される。
② 内診。医師が直接膣から触診し、子宮や卵巣の状態を調べる。
③ 検査。血液検査によって性病の有無や貧血がないかどうかを調べる他、超音波検査の画像によって子宮や卵巣の状態を目で確認する。男性の場合は、数日間の禁欲の後、精液検査が行われる。
④ 治療方針の決定

病院によって多少の違いはあるが、だいたいこのような流れで行われることが多い。
中絶経験や性病についてなど、医師の前では話しにくいこともあると思うが、大切なことなので正直に話すようにしよう。

かかる費用

初期の検査や治療には健康保険が使えるので、患者さんの経済的負担はそれほど重くない。いろいろな検査も、風疹やAMHなどの特殊なものを除けば1,000~5,000円ほどで受けられるだろう。

また、治療に関しても、タイミング法の指導までは健康保険が使えるので、一回あたり2,000円程度の負担で済む。

人工授精・体外受精・顕微授精

問題は、その次の段階である人工授精・体外受精・顕微授精だ。これらの治療には健康保険は使えず、自由診療であることから病院ごとに料金が違う。

高いところだと体外受精や顕微授精一回で1,000,000円以上かかることもあるので、一気に負担が重くなる。

大学病院なら比較的安く済む場合もあるが、もし治療費が払えそうになければ、自治体の助成制度や銀行の不妊治療ローンを利用するのも一つの方法である。

不妊治療を成功させるために

「卵子の質」を左右する卵子ミトコンドリア。

卵子の元気度は、細胞の活性化を促すミトコンドリアの数も深く関わっている。このミトコンドリアは。筋肉に多く存在しているため、筋力トレーニングをすると良い。ついでに体温を上げることもできて一石二鳥だ。
日頃の生活を整え、ミトコンドリアを増やす体づくりを意識していきたい。
そうすることで卵子の質も向上し、不妊治療を成功させる近道となるだろう。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 人工授精のタイミングはいつ?人工授精のタイミングはいつ? 「人工授精」は、女性の子宮内に直接精子を注入する治療法である。 採精された精子は事前に洗浄濃縮をして質の良いものだけを使えるし、射精の勢いが足りない男性でも受精させることが […]
  • 排卵誘発剤の費用 日本平均排卵誘発剤の費用 日本平均 「排卵誘発剤」は、卵子が卵巣から排出されるのを助ける薬である。内服薬と注射の二種類があり、不妊治療の際に必要に応じて使われる。 また、睾丸に作用して精子の状態を良くする働き […]

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

PAGE TOP