2017年1月20日(金)  不妊治療全般

不妊治療をやめるタイミングについて


不妊治療は、一度初めてしまうとなかなかやめるタイミングがつかめないものである。納得のいく結果が出ていなければ尚更「次こそは妊娠できるかもしれない」との希望が捨てきれず、ズルズルと治療を続けてしまうのだ。

しかし、不妊治療の成果が出やすい年齢には限界があるし、よほどのお金持ちじゃない限りいつかは貯金も底を尽く。とことんやりきって気持ちをふっ切るのも一つの方法だが、今後の生活のため、ある程度の余力を残しておくことも考えてみよう。

いったん治療を中止してみるのも一つの方法

医師から「このまま治療を続けていても妊娠は難しいです」と宣告されない限り、それはまだ不妊治療が成功する可能性が残されているということだ。

だからこそ、期待してしまう。無理をしながら頑張ってしまう。でも、痛みの伴う治療や周囲の無神経な言葉に疲れてしまった時は、結論を出さず、とりあえずいったん治療を中止してみるのも一つの方法だ。

不妊治療には自分でも気付かないうちに大きなストレスがかかっているので、治療をストップしたとたん自然妊娠する人も多い。これまで頑張ってきた自分をいたわり、これからのことをゆっくりと考えてみよう。

また、夫婦で話し合って「ここまで来たら、思い切って治療をやめる」と決めておくのも良い。
たとえば「貯金が残り1,000,000円になったらやめる」「体外受精に2回失敗したらやめる」というように。

実際には、そんなにうまく割り切れるはずはないのだが、自分1人ではなく、2人で決めたということでいくらか踏ん切りがつきやすくなるはずだ。

妊娠しやすいカラダづくりは心がけていく

卵子の質が悪いと、妊娠しにくくなってしまう。
そのためには、生活習慣の見直しを心がけてみよう。夜更かしや栄養バランスの悪い食事、運動不足などが原因で卵巣の機能が低下している可能性は十分に考えられる。

また、卵子の元気度には細胞の活性化を促すミトコンドリアの数も深く関わっているので、筋力トレーニングをすると良いだろう。ついでに体温を上げることもできて一石二鳥だ。

さらに、「イースタティックミネラル」という成分が含まれたサプリメントを取ると、卵子の質に関わるミトコンドリアに不足しているエネルギーを補給することができる。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が日本生命保険(ニッセイ)から発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP