2017年1月23日(月)  不妊治療全般

妊娠力を高める自己不妊解消法


仕事が忙しいこともあり、妊娠や出産に興味を持つまであまり自分の体に関心を払わない人は多い。
そして、過度の飲酒やストレス、喫煙、夜更かし、インスタントの食事、運動不足などによって知らない間に生殖機能が低下し、いつの間にか不妊体質となってしまうのだ。

また、その事実に気付くのがもう後のない年齢というケースも多いので、不妊に悩む人は増える一方である。しかし、何か妊娠を妨げるような特別な事情がない限り、ある程度妊娠力は高められる。

具体的な方法を知り、不妊を解消しよう。

妊娠しやすい体質

妊娠しやすい体質に変えるには、まず毎日の生活を規則正しいものにする努力が必要だ。

人間の体は早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動によって機能が正常に保たれるように出来ているので、これが崩れるとホルモンバランスが乱れ、血流が滞り、活性酸素が発生して不妊体質に近付いてしまう。

どんなに面倒でも、とにかくいったん生活を立て直してみよう。

また、タバコは流産や死産の確率を高め、精子の働きを悪くするといわれているので、子供を望むならきっぱりとやめる勇気を持とう。副流煙は子供の健康に悪影響を与えるので、出産前に禁煙を成功させておけば産んだ後で危険に晒す心配もなくなる。

アルコールは、あまり飲みすぎるとED(勃起不全)や奇形精子の原因となることが分かっている。女性の生理不順や排卵障害とも関係があるので、適正量を守るようにしよう。

そして、冷え性の改善である。体の冷えは生殖機能の低下に直結するので、冷たい飲み物は避け、できるだけ温かい服装を心がけるようにしよう。自分の平熱より5度高いお風呂に毎日浸かると体温が上がりやすくなるのでおすすめだ。

妊娠から出産までに心がけておくこと

妊娠〜出産までに必要な栄養素の摂取と、規則正しい生活を心がけることだ。規則正しい生活は、上記に記載している通りだ。

必要な栄養素は、葉酸やマカなどになるが、バランス良く摂取することが大切だ。そこで、よく利用されているのがサプリメントだ。しかし、複数種類を別々に摂ると、成分の重複による過剰摂取などが不安要素にあがる。

そこで今では、これら不妊症に悩む女性や男性に必要な成分を一つにバランス良く配合した「オールインワンサプリや最近注目されている「イースタティックミネラル」を含むサプリなども開発されている。

一つの成分だけにこだわるのもよいが、こういった製品を活用して必要な成分を体にも財布にも負担なく、バランスよく摂取するのも一つの方法ではないだろうか。

夫婦一緒に、日々の食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにし、自分自身でも妊娠しやすい身体作りを心がけていくようにしよう。
待望の赤ちゃんのために、必要な妊活成分を効率よく摂取してしっかり妊娠体質を目指したいものだ。

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関わっていることもあり、この保 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 必要な妊活成分を効率よく摂取して妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP