2017年5月28日(日)  不妊治療全般

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

アンタゴニスト不妊治療はどんな治療?

アンタゴニスト不妊治療

ロング法やショート法のような点鼻薬は使わず、月経の3日目頃からHMGなどの卵胞を育てる薬を注射し、ある程度成長したら今度はGn-GHアンタゴニストを注射して、排卵をコントロールする方法である。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

主に、ロング法やショート法を試しても妊娠しなかった人や、卵巣過剰刺激症候群を起こしやすい人などに適用される。

IVF体外受精やICSI顕微授精を受けるときに難しいのが、最適なタイミングで卵子を取り出すことだ。

そのため、薬を使って排卵をコントロールする必要があるのだが、アンタゴニスト不妊治療なら排卵の合図となるLHサージを抑えることができるので、医師が最も良いと判断したタイミングで採卵をすることができる。

メリット・デメリット

アンタゴニスト不妊治療の場合は毎日注射を打つ必要があり、点鼻薬に比べると料金が高いところがネック。ある程度のお金と時間のない人には、やや敷居の高い方法かもしれない。

しかし、点鼻薬のように長期間に亘って一日何度もスプレーしたり、夜中に起きたりする必要がなく、LH反応がみられてからの使用でも間に合うので、精神的に楽になったという人は多い。

妊娠を成功させるためにはストレスは大敵なので、気持ちに余裕が持てるのはとても良いことだ。

副作用

気になる副作用であるが、今までのところ、アンタゴニスト不妊治療を試して重篤な副作用が起きたという報告はない。

ただ、注射をした部位が赤くなって腫れる程度の副作用はちらほらみられる。なにしろ、まだ日本で認可されてから日の浅い治療法なので、未知の部分も大きいのだ。

もし、注射後になんらかの不快症状が現れたら早めに医師に相談しよう。

より妊娠しやすいカラダにするために

上記のような治療とともに、日頃から妊娠しやすいカラダづくりを行うことも必要だ。なぜなら、妊娠するためには、質の良い卵子が絶対的に必要になるからだ。

いざ排卵が始まった時に、その卵子の質が悪ければ妊娠率は下がってしまう。だからこそ、卵子の質を高めるために、規則正しい生活が欠かせない。

規則正しい生活・バランスのとれた食事

夜更かしや添加物だらけの食事、運動不足、喫煙、アルコール、ストレスが当たり前になっている人は、少しずつ生活を変えていこう。

寝る時間を一時間早めたり、自炊の回数を週に1、2回増やしたりするだけでも効果はある。

適度な運動

エネルギーを放出して卵子を活性化させてくれるミトコンドリアの数を増やすことも大切だ。ミトコンドリアも、やはり規則正しい生活によって作られる。

特に筋肉の中にミトコンドリアは多く存在するので、筋力トレーニングを日課にすると良いだろう。

少しでも質の良い卵子が育つために、日頃の生活を整え、ミトコンドリアを増やす体づくりを意識していきましょう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関わっていることもあり、この保 […]
  • 腹腔鏡検査で妊娠しやすくなる?腹腔鏡検査で妊娠しやすくなる? 腹腔鏡検査(ラパロ)とは 腹腔鏡検査(ラパロ)は、全身麻酔を行った後、臍部(おへその下辺り)に5~10mmほどの穴を開け、そこから腹腔鏡という小さなカメラを挿入し、腹部内の子宮 […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

PAGE TOP