2017年1月20日(金)  不妊治療全般

中絶経験は不妊になりやすい?中絶と不妊の関係


2012年の統計で日本の年間中絶手術数は、約20万件に達している。

このうち、15〜24歳の年齢で約6万件の中絶手術を行っていることからみても、将来的に妊娠・出産する機会が多いことが予想される。

その際、気になるのが中絶経験者は不妊になりやすいのかということだ。

中絶手術の分類

中絶手術とは、11週6日までに行う「初期中絶」と12週0日から22週0日以前に行う「中期中絶」に分けることができる。

「初期中絶」は、静脈麻酔をかけて機械的に子宮の中から妊娠の組織を搔き出す方法、「中期中絶」は、薬で陣痛を起こしてお産のように産みおろす方法である。

ここで結論を言えば、基本的に中絶を経験しているからといって卵巣には影響はなく、不妊になりやすいということはない。ただし、中絶手術が安全に行われたかどうかで状況は異なってくる。

例えば、手術の際に卵管が塞がってしまい癒着を起こしてしまったり、子宮内感染を起こして子宮の壁がくっついてしまい着床が難しくなる場合がある。

この場合は、不妊症につながる可能性が高い。

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が日本生命保険(ニッセイ)から発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 必要な妊活成分を効率よく摂取して妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP