2017年1月23日(月)  不妊治療全般

着床出血は流産の危険性が高い?


着床出血

着床出血は、妊娠の「しるし」といわれるように、受精卵などの異常が原因で起こるものではない。

いわば着床する上での生理的なものなので、流産との関連性はない。このような出血を伴う妊娠は、全体の1〜2%と推測されている。

着床出血を月経と間違え分娩予定日を間違えることは過去に見られたが、最近の超音波診断など医療の進歩により、着床出血であったことが診断でき、現在では、予定日を間違えることはまずない状況である。

子宮外妊娠の場合

また、子宮外妊娠の場合も、同時期に出血が見られるため、混同に注意が必要である。心配な場合は、自分で判断せずに。早めに病院・産婦人科にかかることが望ましい。

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療費における民間保険不妊治療費における民間保険 2016年10月。日本に初めて「特定不妊治療」に対応可能な保険が発売されることになった。 不妊治療の大きな費用負担が少子化への影響が多少ならず関わっていることもあり、この保 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 必要な妊活成分を効率よく摂取して妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP