2017年3月25日(土)  サプリメント

とりすぎもダメ?妊娠するための最適な鉄分の量って?


鉄分は、妊娠を望む女性にとって欠かすことのできない重要なミネラルの一つだ。

この成分は、受精から着床環境を整える黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌に関与しているという。
そのため、鉄分が不足すると黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が低下し、着床障害などを引き起こすという。

▶︎“卵子の若返りと質の改善”で注目されている成分とは?

鉄分の摂取基準

鉄分の摂取基準は、妊娠適齢期の女性では、18才〜29才で6.0mg/1日、30才〜49才で6.5mg/1日となっている。
ただし、月経時には摂取基準が増え、18才〜29才で10.5mg/1日、30才〜49才で11.0mg/1日とされている。

それに対して、体内に保持できる鉄分量は限られているため、どうしても不足しがちなミネラルの一つになる。

鉄分の不足・過剰摂取

鉄不足は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌低下や貧血など様々な悪影響を及ぼす。

一方で、過剰摂取にも注意が必要だ。普段の食事内容で鉄分の過剰摂取はないと言えるレベルだろうが、過剰摂取した場合の症状を紹介する。

代表な症状として、嘔吐、吐血、腹痛、下痢、眠気、痙攣、意識消失などが、摂取後の6時間以内に起こると言われている。これは比較的軽い症状で、鉄が体内に蓄積されていくと、脂肪肝、肝硬変などにつながるケースがある。

鉄分補給は適量を日々継続

一度に大量に摂取するのではなく、バランス良く日々継続して計画的に摂取することが一番だ。

さらに鉄分には、ヘム構造を持ったたんぱく質と結合した動物性の「ヘム鉄」と、ヘムを持たない植物性の「非ヘム鉄」がある。吸収率の違いは、「ヘム鉄」10〜20%「非ヘム鉄」1〜6%、と動物性の「ヘム鉄」が圧倒的に優れている。
その上、過剰摂取になりにくいとされている。

そのため、ヘム鉄が多く含まれている赤身肉、まぐろ、レバーなどを積極に取り入れることをお勧めする。

supplement646_01

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • マカと亜鉛の正しい併用のしかたマカと亜鉛の正しい併用のしかた マカと亜鉛。 不妊症で悩む男性にとって、どちらも積極的に摂取したい成分だろう。 ▶︎“卵子の若返りと質の改善”で注目されている成分とは? マカと亜鉛のは […]
  • 鉄分不足による不妊症の対策鉄分不足による不妊症の対策 驚くことに、不妊症を疑って産婦人科を受診する女性の約9割が「潜在性鉄欠乏性貧血」を抱えているという。 詳しい検査をするまでは、かかりつけの医師ですら気付かないケースも多 […]

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

PAGE TOP