2017年5月28日(日)  サプリメント

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

女性ホルモンを増加?女性にもマカが必要な理由

“マカ=男性”という印象を持っている人も多いのではないだろうか。しかし、女性に対してもマカは重要な役割を担っているのだ。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

減少していく女性ホルモン

女性ホルモンは15歳頃から上昇し20代でピークを迎え、30歳を超えた頃から年々女性ホルモンの分泌量が減少していくのだ。
その減少していく女性ホルモンを、どのように補うかが妊娠を目指すために重要なポイントだ。

マカは、そんな女性ホルモンのバランスを補う役割を持っているため、女性にとっては必要不可欠な成分として注目されつつある。

マカの作用

女性ホルモンの分泌を促すには、脳から卵巣に「もっとホルモンを出せ」という信号が送られることが必要なわけだが、マカに含まれるビタミンB6にはこの神経伝達物質の生成を助ける力がある。

また、アルギニンには体内のホルモンの分泌を促進させる効果があり、生殖器官のホルモンを活性化して妊娠に必要な機能を整えてくれるのだ。

マカの選び方

女性ホルモンの分泌に大きな影響を与えるマカであるが、効率的に摂取するにはサプリメントが一番手軽である。

といってもその質には大きなばらつきがあるため、無農薬で栽培したマカを原料に使用して、凝固材の含有量が少ないものを基準に選ぶと良いだろう。

粒状サプリメントの状態にするためには凝固剤を使う必要があるが、中には肝心のマカがほとんど含まれていない粗悪品もあるので、購入前には必ず成分表示を確認しよう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊症を改善する食事習慣不妊症を改善する食事習慣 不妊症を改善するためには、食事・運動・睡眠など、日々の生活習慣を改善することにあると言える。 心身ともに健康であることは、妊娠を目指す夫婦の生殖機能も、元気な卵子・精子が作られ […]
  • 生理不順になりやすい生活習慣とサプリ生理不順になりやすい生活習慣とサプリ 女性なら、誰しも一度や二度の生理不順を経験したことがあるだろう。その原因の一つに、ホルモンバランスの変化がある。 ホルモンバランスは少しの影響で変化するため、生理不順など調 […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

PAGE TOP