2017年1月19日(木)  サプリメント

タンポポ茶で妊活する注意点


「タンポポ茶」は、別名「タンポポコーヒー」とも呼ばれる自然食品だ。
カフェインも含まれていないし、厳密にはコーヒーではないのだが、色や味わいがよく似ているのでなんらかの理由でコーヒーを制限している人や、カフェインを気にする人にもよく飲まれている。

タンポポ茶は不妊にも効く?

タンポポ茶は不妊にも効くといわれているが、これはホルモンバランスを整えたり、卵胞の発育を促したりする効果があるからだ。

また、子宮内膜の血液循環を良くする力もあり、体を妊娠に適した状態に整えることができる。

薬ではないのでどれだけ飲んでも害にはならないが、利尿作用や胃腸の働きを良くする効果があるので、あまり飲みすぎるとトイレが近くなったり、下痢になったりすることもある。健康を保つためには適量を守ったほうが良いだろう。

サプリメントで、タンポポ茶エキスを含むものもあるので、利用してみても良いだろう。また、血圧を下げる作用があるので、もともと低血圧の人は症状が悪化する可能性もある。

タンポポ茶以外のお茶

タンポポ茶以外で不妊に効果のあるお茶では、ルイボスティーが有名だ。活性酸素を抑制するポリフェノールが多く含まれているので、卵子の老化を食い止めて質を保ってくれる。

また、精子を作る元となる亜鉛の含有量も多いので、男性不妊にもおすすめだ。夫婦で一緒に飲むようにすると、より妊活の効果が上がるだろう。

副作用としては、胃腸の弱い人では水分代謝がうまくいかず体を冷やす可能性があるので、やはり飲みすぎには注意してほしい。

黒豆茶も、不妊症の人によく飲まれているお茶である。黒豆には女性ホルモンと似た働きをする「イソフラボン」が多く含まれているので、子宮内膜を厚くして受精卵を着床しやすくしたり、月経不順を改善したりする効果が期待できるのだ。

また、精神を安定させる効果もあるので、妊活につきものの不安やイライラの軽減にも役立ってくれる。飲みすぎると、大豆アレルギーの人にアレルギー症状が出たり、繊維質が下痢の原因になったりするので、適量を守るようにしよう。

注するべき点

妊活に良い成分全てを効率よく摂取したいところではあるが、全てを満足に摂取することはなかなか大変だ。しかも、多くの種類のサプリメントを飲むことで、不必要な成分を余分に摂取することになったり、過剰摂取の不安もある。

そこで今では、これら不妊症に悩む女性や男性に必要な成分を一つにバランス良く配合した「オールインワンサプリや最近注目されている「イースタティックミネラル」を含むサプリなども開発されている。

一つの成分だけにこだわるのもよいが、こういった製品を活用して必要な成分を体にも財布にも負担なく、バランスよく摂取するのも一つの方法ではないだろうか。

夫婦一緒に、日々の食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにし、自分自身でも妊娠しやすい身体作りを心がけていくようにしよう。

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に 原因不明不妊の多くに、ミトコンドリア不活性による「卵子の質の低下」がみられますが、同時に女性ホルモンの乱れや低下による「妊娠力の低下」も問題となっています。 […]

▼評価の高い関連記事

  • 不妊治療中のDHEA使用の注意点不妊治療中のDHEA使用の注意点 DHEAとは 「若返りの薬」として注目を浴びているDHEA。 思春期頃には活発に分泌されるが、40代になる頃には約半分にまで減ってしまう「デヒドロエピアンドロステロン」という […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • 妊活成分で妊娠力をUPして妊娠体質に

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP