2017年5月24日(水)  サプリメント

栃木県H・I様のイースタティックミネラル 症例報告

通っていた不妊治療の病院でも妊娠卒業最高年齢でした

年齢 妻:47歳 夫:47歳
不妊治療の期間は? 4年
不妊治療にかかった費用は? 200万円
不妊治療で使用したお薬は? フェマーラ、 hmg
不妊治療の内容は? 体外受精

イースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ

厚生省推奨の葉酸の摂取量は?

葉酸の摂取量について

厚生省が報告した2015年度版の「日本人の食事摂取基準」によると、妊娠しているかもしれない女性は、葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)を1日約400μg摂ることが望ましいとされている。

その理由に、胎児の神経管閉鎖障害リスクを減らす目的があげられている。

※プテロイルモノグルタミン酸とは、化学合成された葉酸のこと。自然食品から摂れる葉酸はプテロイルポリグルタミン酸と呼ばれ、加熱によって壊れやすいため、厚生省はサプリメントの積極的な利用を呼びかけている。

▶︎ミトコンドリア活性によって【最高齢47歳】40代夫婦83組が妊娠

葉酸が含まれている食品

緑茶・枝豆・パセリ・ほうれん草・モロヘイヤ・アスパラガス・レバー・うなぎの肝など

上記の食材には葉酸が多く含まれている。

しかし、葉酸自体は水溶性ビタミンの一種であるため、加熱によって壊れやすい。
さらに、日本人は葉酸を吸収しにくい遺伝子を持っていることもあり、食事からの十分な葉酸を摂取することは難しい。

そのため厚生労働省では、栄養補助食品(サプリメント)の活用も推奨している。サプリメントであれば、上に挙げたような食材が苦手だとしても葉酸を気軽に摂ることができる。

より妊娠しやすい身体にするために

葉酸のように一つの成分だけにこだわることも一つの手段ではあるが、やはり、必要な成分をバランスよく摂取することが最も重要だと言えよう。

そのため、夫婦一緒に日々の食生活・生活習慣を整え、ストレスを溜めないようにし、妊娠しやすい身体作りを心がけていくようにしよう。

▶︎妊活に成功した40代夫婦83組がアドバイス

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子へのアプローチ 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 不妊症を改善する食事習慣不妊症を改善する食事習慣 不妊症を改善するためには、食事・運動・睡眠など、日々の生活習慣を改善することにあると言える。 心身ともに健康であることは、妊娠を目指す夫婦の生殖機能も、元気な卵子・精子が作られ […]
  • 鉄分不足による不妊症の対策鉄分不足による不妊症の対策 驚くことに、不妊症を疑って産婦人科を受診する女性の約9割が「潜在性鉄欠乏性貧血」を抱えているという。 詳しい検査をするまでは、かかりつけの医師ですら気付かないケースも多 […]

ミトコンドリアにイースタティックミネラル

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2017年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。

PAGE TOP