2017年1月17日(火)  卵子対策

卵胞ホルモンの分泌を促進する方法


卵胞ホルモンは、エストロゲンとも呼ばれ、女性らしさを司るホルモンと言われている。
角質層の水分をキープし肌に潤いを与えたり、コラーゲンなどの合成を促進させハリのある肌を作る作用がある。

また、卵胞ホルモンの分泌が多い時期は、精神的にもリラックスできる時期でもある。

作用

月経を起こす

排卵前に精子が入りやすいように手助けする

基礎体温を下げる働きがある

動脈硬化を防ぐ

骨にカルシウムを蓄える・・・など

分泌時期

月経終わり〜排卵前にかけて分泌量が増え、基礎体温は低温相になる。

卵胞ホルモンの分泌量が多い時期は「卵胞期」と呼ばれ、身体も心も比較的安定し、最も体調が良くなる。

分泌を促進する食べ物

分泌させる成分として大豆イソフラボンが有名だが、他にもグレープフルーツやざくろなどが人気がある。

サプリメントの成分では、マカや葉酸などが多く、妊娠前から飲まれているようだ。

また、アロマテラピーも効果的なようだ。匂いは大脳辺縁系を刺激し、活発に働かせるのだ。特に、アニスとフェンネルという精油は、女性ホルモンの働きを補う成分が含まれている。

妊娠力をよりアップさせたい

ホルモン環境を整えつつ、女性は卵子の老化、男性は精子の老化に気をつける必要がある。
近年では、不妊治療も進歩し、様々な方法がある。また、漢方薬やサプリメントも出ている。

そのため、何が自分に合っていて、何を基準に選ぶべきなのか、全く分からないという状況にも陥ってしまうこともある。
その場合、3つのポイントがあるので、それを把握しておくと選びやすい。

1:女性ホルモン・男性ホルモンの分泌を促進する働きを持つものを選ぶ

ホルモンの活性に働きかける「ジオスゲニン」、効率的なホルモンの分泌を促す「アグリゴン型イソフラボン」

2:卵子・精子のエネルギー源であるミトコンドリア量を増やす

生殖細胞にエネルギーを与える「イースタティックミネラル

3:血行不良を改善する

血流改善と自律神経を安定させる「アグリゴン型イソフラボン」

上記3つのポイントを押さえて、サプリメントなどを選び、ホルモン環境・卵子と精子の老化を改善させ、より妊娠力を底上げすることが、高齢妊娠・出産において大切なことだ。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • イースタティックミネラルと、卵子/精子の老化について 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • ストレス性不妊の原因ストレス性不妊の原因 ストレスや疲れが溜まっている人にしか見えない「黒い点」が注目されています。下のシンプルな画像を見た際に、ブロックとブロックの間に「黒い点」がどの位、どのように見えるかによってスト […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP