2017年1月19日(木)  卵子対策

妊娠から着床、受精卵を育てる体質作り


妊娠しやすい体質づくり

妊娠しやすい体質になるには、まず「夜更かし」をやめること。
卵子を作り出す卵巣は、ホルモンバランスの影響を大変受けやすく、休息が重要な器官である。特に排卵日前後は早めに床に入ることをおすすめする。

また、下半身をあたためることも重要だ。下半身の冷えは子宮の冷えにも直結するので、ショーツを重ね着するなど、普段から暖めることに心がけて置いた方がよい。

その他、身体をしめつけない下着を着用する、タバコをすわないなど、なるべく日常からストレスを減らすことが重要である。

質の良い卵子を育むには

次に受精卵に至るための卵子の健康について見てみよう。

人が年を重ね、老化してくのと同じで、卵子も老化することは事実である。実際、30代後半〜40代の不妊症に関しては、明確な原因が見つからず妊娠しないというケースが多い。

これは「卵子の老化」を原因とすることが大きいと考えられる。

卵子は、常につくられるわけではなく、生まれた時点で卵子の元の細胞が既に卵巣にあり、減っていく一方である。
妊娠率を左右するのは、排卵される卵子の数と質であり、残された卵子をいかに大切にするかが重要といえる。

卵子の元の細胞は、ホルモンの刺激を受け、3周期かかって発育・成熟する。この周期に沿って体質を改善し、質のよい卵子を育む必要がある。

質の良い卵子に成熟するための環境づくりとしては、まず「卵巣への血流量を増やす」こと。

血流の流れは、生殖細胞に生殖ホルモンを届けるだけでなく、代謝によって生じた老廃物を排出するなどさまざまなはたらきを持つ。

卵胞周囲の血管の血流量が多いほど、発育する卵胞の数が多く、血流が悪いと発育卵数が少ないことも確認されている。

基礎栄養素の摂取

次に「基礎栄養素」をとること。

卵の生育に不可欠な栄養素は、5大栄養素と呼ばれている、たんぱく質、糖質、脂質、そして、ビタミンとミネラル。食事やサプリメントなどで摂取することをおすすめする。

最後に「ミトコンドリアの活動を活発化させること」。

生殖細胞が発育するには、活発な新陳代謝が不可欠である。細胞内で、栄養素からエネルギーを産生しているのは、「ミトコンドリア」といわれる細胞内器官である。

ミトコンドリアの数が多く、活動が活発なほど、質の良い卵子に発育、成熟する事がわかっている。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける?ミトコンドリアの活性は不妊症を助ける? ミトコンドリアとは? ミトコンドリア(mitochondrion)は真核生物(動植物や菌類など)の細胞に存在する小器官である。このミトコンドリアは独自のゲノムDNAを持っており […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP