2017年1月19日(木)  卵子対策

排卵後の卵胞が黄体になるタイミングとは


卵胞が妊娠準備期と言える黄体期に入るまでを、月経周期に沿って見てみよう。
月経周期は、月経の始まった日から次の月経が始まる前の期間をさす。一般的にその周期は25〜38日くらいといわれている。

1)卵胞期

月経開始から排卵するまでの期間。卵巣の中ある卵子のもととなる原始細胞が、成熟細胞に発育する。

卵胞は月経開始10日目ごろからエストロゲンが大量に分泌されることにより、著しい成長が見られるようになる。

2)排卵

エストロゲンがある程度増えると、脳の下垂体から黄体化ホルモンの放出(LHサージ)が起こる。LHサージ開始から約36時間前後で排卵が起こる。

3)黄体期

排卵後の卵胞は黄体という組織になり、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌する。この分泌により、子宮内膜は妊娠の準備のためにふかふかのベッドのような状態になる。

この期間の日数は14日前後、ピークに達するのは排卵後7日目あたりである。

4)月経

黄体ホルモンの量が減ることにより、妊娠の準備状態であった子宮内膜がはがれ落ち、血液とともに子宮口から排出される。

ウェルカムチェッカー

より妊娠しやすいカラダにするために

排卵周期のポイントを押さえて、妊娠確率をあげることは、妊娠・出産において大切なことだ。

しかし、それだけでは「より妊娠しやすいカラダ」に繋げるには役不足だ。もちろん、妊娠の基礎である排卵日のタイミングやホルモン分泌の促進なども大切ではある。

だが、根本的な部分である「卵子」「精子」の質の向上=妊娠力のアップが最も重要なのだ。そのためには、規則正しい生活が欠かせない。

生活習慣・食事などの改善

夜更かしや添加物だらけの食事、運動不足、喫煙、アルコール、ストレスが当たり前になっている人は、少しずつ生活を変えていこう。

寝る時間を一時間早めたり、自炊の回数を週に1、2回増やしたりするだけでも効果はある。

精子や卵子の質の向上

卵子と精子にはその機能を十分に発揮させるための細胞器官が備わっている。それは「ミトコンドリア」と呼ばれるエネルギー製造装置のような器官だ。

しかし、このミトコンドリアは体に良くない生活を続けていると徐々にその数は減少し、必要なエネルギーを作り出すことができなくなってしまう。

そして、卵子と精子の妊娠するための機能が正常に働かなくなるのだ。では、いかにして妊娠するための機能を保たせるのか。

ミトコンドリアの活性化

卵子や精子のエネルギー製造装置の役割を担っている「ミトコンドリア」を元気にさせることが一番の近道だ。

方法としては、早寝早起きなどの規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動などがあげられる。

だが、より卵子や精子の質を上げたいのであれば、日常生活の改善の他にも、ミトコンドリアの不足したエネルギーを補給するための「イースタティックミネラル」を含む成分を摂ることをおすすめする。

  • 特集ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り
  • ミトコンドリアを活性させるイースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り 原因が不明な不妊症のうち約90%以上が卵子や精子に問題があり、不妊治療がうまくいかないのが現状です。これらの問題を解決するには卵子、精子の質を改善する必要があります。エネルギーを多く必要とする細胞ほど細胞内のミトコンドリアの量が多く元気である必要があります。とくに、心臓細胞同様に卵子や精子は多くのエネルギーが必要とするためミトコンドリアの量は他の細胞に比べ10倍以上必要 …
  • 続きを見る

▼評価の高い関連記事

  • 排卵日を正しく知って確実に妊娠する方法排卵日を正しく知って確実に妊娠する方法 排卵日を知る方法として、いくつか方法を挙げることができるが、ここでは「基礎体温を測る方法」を紹介する。 女性の体温は、体調不良などの特別な場合を除けば、一定の周期で0.3〜 […]

コメントを残す

文字サイズ:

  • イースタティックミネラルを使った卵子、精子の若返り

当サイトについて

妊娠や不妊症などに関する一般的な情報から最新情報まで、当サイトのコンテンツをとおして様々な情報を収集していただけます。

お問い合わせ先

NPO法人 医療情報調査研究会
info@kenko-np.com
お問い合わせはこちらで受け付けております。

当サイトについて

健康新聞デジタルニュースは医師による記事監修を行なっています。

PAGE TOP